仮面の表情は千差万別—「日本の仮面 人と神仏、鬼の多彩な表情」

京都国立博物館に昨年あらたにできた「平成知新館」。その一角にある特別展示室でいま、「日本の仮面 人と神仏、鬼の多彩な表情」の展示が行われています。35面の豊かな表情からは、ひとつひとつの面の物語がまざまざと伝わってきます。また実際に古い面を付けられるコーナーでは、仮面をつけることによって外界から遮断され自身との対峙ができるようです。そんな神秘的な体験をしてみてはいかがでしょうか?

街じゅうが見どころといっていい京都のなかでも、これだけまとめて幅広い美術品が観られる場所は少ないでしょう。京都国立博物館は、昨年あらたにできた「平成知新館」では、絵画、彫刻、書、工芸品、陶磁器などの膨大な名品を常に展示しています。

その一角にある特別展示室でいま、「日本の仮面 人と神仏、鬼の多彩な表情」と題した大いに気になる展示が開かれていますよ。京都とその周辺の社寺に伝来の仮面を集めて一堂に並べたもので、その数、35面。会場に入って全体を眺めると、ちょっと恐ろしくもあり、でも何やらかわいげとユーモアを感じさせるところもありそうな雰囲気。日本の仮面とひと口にいっても、いろんなバリエーションがあるものなのですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

reading_photo 【News更新】cakes連載「どこより早い展覧会案内」更新しております。 4年以上前 replyretweetfavorite