精神的に疲労せずに働ける、4つのかんたんなテクニック

何も考えずに「やるべきことリスト」を次々とこなしていく人は、実は大きな成功をつかむことはできません。本当に重要な仕事において、自分の最大の力を発揮できないからなんです。小さな、単純な作業であっても、あなたのパフォーマンスの全体を下げる要因になりえます。今日、あなたにとって、もっとも重要な仕事は何ですか?
最新の脳科学と心理学で最大限にパフォーマンスを上げる方法をご紹介します!

今週、精神的な疲労を避けるために
あなたにできる4つのこと!

1.あなたの脳が小さな決断をたくさんして疲れる前に、
 もっとも重要な仕事を、朝いちばんに終わらせましょう。

 今やるべきもっとも創造的で興味をひく仕事や、長い目で見てもっともプラスになる仕事は何かを考えて、午前の最初の1、2時間をその仕事に当てましょう。
 「最初の」というのは文字通り「最初の」という意味です。
 つまり、メールをチェックしたり、テレビや新聞、スマートフォンやコンピュータなど、
 どんなメディアも見たりする前に、ということです。

2.今日の「やるべきことリスト」に並ぶ仕事についてよく考え、
 ひとつひとつを「重要な決断」「創造的」「その他」のどれかに分類しましょう。

 「その他」に分類された仕事を終わらせる時間は、その日のもっと遅い時間(昼食後に眠くなる時間帯とか)にとっておきましょう。そうした時間をちゃんととっていることが分かっていれば、その日のもっと早く、精神的にいちばん余裕のある時間帯にとりかかることはまずないでしょう。

3.メールを読んで返信するのは、午後の1時間だけにする努力をしてみましょう。

 そうすれば、それ以外の時間に行う問題解決や創造性を要する仕事にもっと集中できるようになります。  この提案に恐れおののく人もいるかもしれません。  たしかに日によっては無理難題かもしれませんが、1度か2度ためしてみれば、思ったほど不可能なことではないとわかって驚嘆するかもしれません。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
成功する人は、2時間しか働かない

原晋

毎日やることが多すぎる!と思いませんか? 朝から次々と押し寄せるメール、早く作成しなければならない書類、アポ、ミーティング・・・・・・。それ、本当に、今やらなければならないことでしょうか? 最新脳科学と心理学によると、「今日、本当に大...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード