それでも僕は、外科医をやめない

島でリアル「Dr.コトー」をやってみた 〜診療費は伊勢エビ?〜

誰にでも欠かせない経験というものはあるもの。今回は雨月氏が島で医者をした経験について語ります。いろいろ大変な苦労をした島医者の経験ですが、雨月氏にとって、それは、医者としての成長には欠かせなかったと言います。さて、島ではどのような医療ドラマがあったのでしょうか?


こんにちは、外科医の雨月 メッツェンバウム次郎です。

ついに関東も梅雨入りし、全国的に雨の季節がやってきました。そろそろ夏休みの予定など立てている方も多いのでは。

沖縄やハワイなど、南の島に遊びに行ったことはありますか?

360度を海に囲まれた美しい大自然。ちょっと不便だけど、ゆっくりと時間が流れていて、行き交う人々はみな優しげに挨拶をしてくれます。いいですよね、最高のバカンスです。

今回お話するのは、観光地にならない、名前も知られていないもっともっと小さい島の、「孤島」のお医者さんのお話です。

私はこれまで何度か、そんな小さい島で医者として働いたことがあります。そこで目にしたたくさんの、驚くべき、心温まる体験をお話しましょう。

台風が来ると食当たりが増える

みなさんは、「島の医者」と言われると、どんなことを想像しますか?

白髪に眼鏡をかけた、自転車で往診する優しそうなおじいちゃん先生ですか。

それともDr.コトーのような、若いイケメンの何でも出来るスーパードクターでしょうか。

ゆっくりと、患者さんの目をみて、のんびりお話をする。診察よりも、世間話の方が長かったり。そんなイメージかもしれません。

でも、「島の医者」を実際にはそんなにのんびりもしていないし、結構大変なんです!その代わり、島ならではの面白エピソードもたくさんあります。

島というところは、まわりを全て海に囲まれていますよね。

ですから、物流は全て船に頼っています。ということは、台風や大雨にかなり弱い。台風が来るたびに、食料や医薬品が来なくなり、ほんの少しのストックのお薬がそこをついてしまうことも……。一度台風が来ると、1週間は船が近づけなくなってしまうので、大打撃です。高血圧の患者さんは一斉に血圧が上がりますし、島にいくつかしかないスーパーの食料品も、痛んでくるのでなんと食あたり患者さんが増えるんですよ!!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sizukanarudon ちゃんと傷を診る 離島で研修医やってきました。水谷緑@mizutanimidori https://t.co/etfnwqeezh 島でリアルDr.コトーをやってみた。診療費は伊勢エビ 雨月メッツェンバウム次郎@ugetsujiro https://t.co/7X5fAZNEBp 4年以上前 replyretweetfavorite

su_3 やっぱり大変だ。  4年以上前 replyretweetfavorite

ugetsujiro 今回は、離れ小島のお医者さんの、ちょっと心温まるストーリー。また行きたいなあ。 4年以上前 replyretweetfavorite

chiyio1011 都会暮らしなので物資が無くなるのは恐怖… QT 4年以上前 replyretweetfavorite