この世は誰のものか? 

私たちはともすると、この世が人間だけのためにあるかのような錯覚を起こす。
自分たち人間だけが「人間」というにふさわしい存在だというのも、とんだ思い違いなのかもしれない。

人間だけが人間とは限らない


 ナマケモノばかりは思うようにいかないにしても、人間であるシャーマンなら、約束を守って、ぼくたちに会いにきてくれると期待していたのだ。キチュア語を話す先住民ガイドが通訳をしてくれた。ぼくの不躾な質問にガイドたちは時にひやひやしたらしいが、シャーマンは終始穏やかに答えてくれた。

 ジャガーをはじめとした森の様々な動物たちの精霊と交信する話。パニャコチャ湖の湖底にあるという「町」の話。その町の主である長いヒゲの「こびと」の話……。

 そのこびとが最近よく出没して、旅行者にも幾度か目撃されているという。シャーマンによると、それは地上の人間に対してそのこびとが怒りを抱いているせいだ。何を怒っているかといえば、この地上世界を今、大変悪い「波」が覆っていて、それが宇宙の調和を乱しているから。ガイドたちの解説によれば、シャーマンが特に憂慮しているのは、この地方で進んでいる石油採掘と、そのための道路建設が、急速な人口流入と環境破壊を引き起こしていることだ。このまま、人間たちの勝手気ままな振る舞いが続けば、精霊たちの怒りは高まり、宇宙は調和を失って、哀しむべき事態になるだろう……。

 湖底の町に棲むカワイルカについて、シャーマンはこう言った。「みんな、イルカは動物だとか魚だとかと思っているけど、本当は人間なのさ」  ポカンとしているぼくたちの気持ちを察して、シャーマンは続けた。「じゃあ、われわれ人間とどこが違うかって? 違うのはただ、彼らの方がわれわれより優れた人間だということだけさ」

 ぼくは最後に、何よりききたかったことをきいた。「じゃあ、ナマケモノというのはあなたにとってどんな生き物ですか」。早速彼は上方を見つめるような目つきになった。まるでその視線の先には高い木立があって、そこにミツユビナマケモノがぶら下がっているとでもいうように。やがて彼は答えた。「うん、とてもいい奴さ。いつも静かに、誰に迷惑をかけることもなく、ゆっくり慌てずに、誰と争うこともなく、のんびりと生きている」

 何か自分がほめられたような幸せな気分に浸りながら、ぼくはもうひとつ、「ナマケモノのことをあなた方の言葉でなんと呼ぶんですか」と質問した。

 よくぞきいてくれました、とまでは思わなかったかもしれないが、シャーマンは確かにとても嬉しそうに微笑んで答えた。「インティジャーマ」。インティは太陽、ジャーマは光線。陽光を全身に浴びる樹上のナマケモノをぼくは思い描いた。実際、朝日が昇り始める頃や、スコールの後の晴れ間に、ゆっくりと木の梢に向かうナマケモノを、ぼくは幾度か見てきた。前にも言ったとおり、それは体温を一定に保つためにエネルギー消費を避けるナマケモノ独特の低エネ生存戦略の一部だ。つい先ほどのナマケモノだって、大雨で冷えた身を暖めようと、木の上へと登る途中で、一休みしていたところだったかもしれない。

 でもぼくには省エネ戦略ばかりではないような気がするのだ。木を登り、太陽に向かって身を開くその姿は、祈る姿であるようにも見える。ヨガにある太陽礼拝のように、太陽を崇め、その恵みに感謝しながら、陽光と合体する儀礼によって、ナマケモノことインティジャーマの新しい一日が始まるのだ。

 ナマケモノには祈りが似合っている。それはナマケモノが体現している弱さのせいではないか、とふと思う。弱さと祈りは相性がいい。一方、強い者には祈りが似合わない。自分の弱さを知っている人、つまり、謙虚な人は祈るが、強がりの人は祈ったりしない。

 「強がりの人」と今ぼくは言ったが、最近は、人間全体が強がりの集団なのかもしれないと思うことがよくある。道理で、祈りが生活の中からどんどん消えている。だが、その一方で、祈りに満ちた暮らしをしている人々のこともぼくは知っている。例えば、ぼくがよく行くブータンという国では、人々の日常生活の真ん中に祈りがあることにぼくは感銘を受けた。でもそれについて話すのは後回しにしよう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
弱虫」でいいんだよ

辻信一

私たちの生きる世界では「終わりなき経済成長」をテーマに人々が邁進しています。それをこなすのは大変です。誰もが効率的に働かなければ世界が回らないと思い込んでいます。過剰な世界を支えるのは「強い人たち」です。健康で体が強く、より早く、より...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

cigarrita インティジャーマ!"@cakes_PR: 先住民のシャーマンが語るナマケモノとは? 「 #cakes新着 #ナマケモノ http://t.co/2eIa8Ss8QH" 4年以上前 replyretweetfavorite

suguruko ”「強がりの人」と今ぼくは言ったが、最近は、人間全体が強がりの集団なのかもしれないと思うことがよくある。” 4年以上前 replyretweetfavorite