シンプルだからこそ注意したい! Tシャツ選びのコツ【アイテムの選び方】

単純に見えるからこそ、実は難しいのが「Tシャツ」。その印象は、首元のデザインで大きく変わります。“Vネック”、“Uネック”、“クルーネック”が首周りにどのような印象を与えるのか、それぞれ解説していきます。大山旬さんの新刊『できればお金と時間を使いたくない人のための一生使える服選びの法則』の内容をcakesでもお届けしていきます。

Tシャツ—無地やボーダー柄で上質なものを

Tシャツというと、文字や写真の入ったものを想像される方が多いと思います。しかしここでおすすめしたいTシャツは、「無地」や「ボーダー」などの極めてシンプルなものになります。目立つ柄や文字、プリントなどの入ったTシャツは子供っぽく感じられてしまうため、初心者の方にはあまりおすすめできません。Tシャツは上にシャツを重ねたり、ニットカーディガンを羽織る際に活用します。ここで紹介するシンプルなTシャツを持っていれば、大人のファッションにふさわしい着こなしができるようになります。

ではどんなTシャツを選べばいいのでしょうか。まず注目しなければいけないのが首元のデザインです。同じTシャツでも首元の形によって、Vネック、Uネック、クルーネックと3つに分類することができます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
一生使える「服選び」の法則

大山旬

服はスーパーや量販店で買うことが多い、学生時代と着ている服がほとんど変わらない、ぶっちゃけ母親や奥さんに服を買ってきてもらっている……服選びに自信がなく、「服なんてどうでもいい」と思って暮らしていませんか? しかし、服は日々のあなたの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

DrqYuto 無地がいいよね 4年以上前 replyretweetfavorite