“安くてうまい情報”ばかりを追い求める愚

マイクロソフト日本法人社長を経て、投資会社・インスパイアを設立、面白い本を紹介する書評サイト「HONZ」も創設した成毛眞さん。「情報を活かす」には、「情報を捨てる」必要があると提言し、情報への向き合い方のコツを牛丼になぞらえて説明します。

ダメ情報に触れ続けると「閾(しきい)値」が下がる

 インテリジェンスは7%程度の人の間で共有されるものです(くわしくは『情報の「捨て方」』のなかで)が、7%の人だけが知っているものはすべて有意な情報かというと、そうではありません。

 残念なことに、インテリジェンスの中にもダメ情報としか言いようのないものがある。ダメ情報とは端的に言えば「間違っているもの」です。

 私はこういった情報には触れないようにしています。遠ざけようとしています。

 というより、徹底的に避けています。

 ダメ情報が書かれていることが予測できる本は手に取らないし、観ているテレビ番組にそういった雰囲気が感じられたら、即刻チャンネルを変えます。

 ダメ情報、すなわち、間違いであっても、面白おかしく消費できればいいという考え方もあるかもしれません。

 でも、本当にそうですかね。私はそうは思いません。ダメ情報はその存在を知っただけでよからぬダメージを受けると思っています。
 なぜなら、ダメ情報に接し続けると、ダメ情報への免疫ができてしまい、ダメ情報を見分ける能力が著しく低下するからです。

 情報判断の閾値が下がってしまうのです。

 たとえば、オカルトや各種占いについての話題の中には、物語やネタとして面白いものもあるかもしれないし、それをネタに人と話せば盛り上がるかもしれません。

 しかし、オカルトも占いも、情報としては、全く根拠のないダメ情報です。だから私は徹底してこの手の情報を自分から遠ざけるようにしていて、こういった話ばかりをする人とは付き合わないことにしています。

 この「閾値」の考え方は、情報に限った話ではありません。

なぜ「安い食べ物」を食べ続けてはいけないか

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
情報の「捨て方」

成毛眞

マイクロソフト日本法人社長を経て、投資会社・インスパイアを設立、面白い本を紹介する書評サイト「HONZ」も創設した成毛眞氏。「情報を発信し、情報を得て、活用すること」に長けているイメージが強い氏は、なぜ、今、「情報を捨てる」ことを勧め...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

rem_8st6y この原本から感じたのは、「いかに日常に新しい風を吹きこむか」かと。 3年以上前 replyretweetfavorite

Hirota1967 「ダメ情報に接し続けると、ダメ情報への免疫ができてしまい、ダメ情報を見分ける能力が著しく低下する」 https://t.co/y0lkLzfxAf 4年以上前 replyretweetfavorite

abm かといって高いものばかりを求めてもいけない。何事もバランスが大事。> 4年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 情報の「捨て方」|成毛眞@makoto_naruke https://t.co/faJjaIIGNb そばよし 本店 http://t.co/l1TVIEnx2z 4年以上前 replyretweetfavorite