第66回】全方位から叩かれる「改憲漫画」と自民党の勘違い

18年ぶりに更新された日米ガイドライン(日米防衛臨力のための指針)に合わせ、安全保障関連の状況が急展開しています。安全保障関連法案は憲法違反? 9条にノーベル平和賞を! そもそも憲法難しい……などなど色んな議論が起きている安全保障関連の話をすこし整理しつつ、自民党の勘違いや地雷満載の「改憲漫画」や「年金漫画」に好き勝手ツッコんでいきます!

6月第1週の主なできごと
・錦織圭、全仏ベスト8(6月2日)
・中国長江で客船が転覆、乗客450人行方不明(6月2日)
・韓国でMERS感染、三次感染で初の死者(6月4日)
・年金情報流出、ずさんな管理が浮き彫りに(6月4日)
・AKB総選挙、指原が女王奪還(6月6日)

高度すぎる憲法第9条の文学性

速水健朗(以下、速水) この2、3ヶ月で安全保障関連の状況が急展開してるね。4月の安倍首相訪米で、日米ガイドライン(「日米防衛協力のための指針」)が18年ぶりに更新*1。国会に提出される安全保障関連法案は、そこで決まった自衛隊の活動地域や内容の変更に合致させるためのものになっている。
*1 新ガイドライン:日本を守るための協力体制の見直し、自衛隊による米軍の支援を世界規模に広げることなどを定めた(日米防衛指針18年ぶりに改定 新ガイドラインの骨子は?)

おぐらりゅうじ(以下、おぐら) 米軍と自衛隊が肩を並べて軍事行動を行う体制作りを前提とした安保法制ということで、当然反発も多く、いろいろ緊迫した状況になっています。

速水 憲法9条に対するアレルギーって、意外とまだ根強いよね。9条を守っていれば平和が守られるって、つまり戦争は自国の政府が暴走して起きる以外にないって思っているんだろうか。
 だけど実際には、日本の領土が脅かされる状況ってかつてよりもリアルになっている。スプラトリー岩礁での中国の軍事施設の新造*2みたいなことが、日本の近海で起こったりする可能性も考えられるわけだし。
*2 中国は南シナ海のスプラトリー諸島で大規模な埋め立てを進め、人工島を建設している。スプラトリー諸島をめぐっては、ベトナムやフィリピンなども領有権を主張している。

おぐら 「憲法9条にノーベル平和賞を」という、市民団体の実行委員会が中心となっている運動がありますけど、昨年に続き、今年もノーベル賞委員会から候補として再び受理されたとのことです*3
*3 憲法9条、今年もノーベル平和賞候補に 市民団体が推薦 - 日本経済新聞

速水 まじか。まあ、そういうのは置いておいて。今度の安保法制は、自衛隊の行動内容やその範囲を拡大しようという趣旨なんだけど、これが通れば日本は戦争ができる国に変わるのかというと、そんなことはない。

おぐら でも衆院憲法審査会では、3人の憲法学者が安全保障関連法案を「憲法違反」だと主張して、あらびっくりという展開になってます*4
*4 安保法案:高村氏と枝野氏が憲法審査会で激論

速水 安保法案のなかの「集団的自衛権」の一部が、憲法の規定を逸脱していると。これについては、政治学者の三浦瑠璃さんが「戦後日本の安全保障政策は、憲法解釈のごまかしの歴史」なのに何をいまさら驚いてるんだってことを書いてる*5けど、その通りだと思う。
*5 安保法制(4)―不思議の国の潮目を読む

おぐら だけど、このまま安保法案を通すと「無理矢理」な感じがしてしまいますよね。支持率にも影響が出そうなムードです。

速水 その空気もおかしいよね。本来すべきは、北朝鮮や中国、国際テロなどによる安全保障環境の変化に対応して、抑止力を高めるためにはどうすればいいのかという議論なんだと思うけど。

おぐら 国民にも理解力が求められるとはいえ、やっぱり憲法って難しいです。解釈を拡大したり、変更したり、読み解き方次第でいかようにも変えられますから。もはや「解釈改憲」*6だとか、高度すぎて正直よくわからない概念になってますよね。
*6 政府や議会などが、憲法改正の手続きを経ることなく、憲法の条項に対する解釈を変更することによって、憲法の意味や内容を変えること。

速水 憲法改正のハードルが高いから、解釈の変更で対応してきた歴史があると。でも、憲法がそうやっていかようにも読める余地があるというか、文学的だからそれが可能なんだよね。ノーベル賞に立候補するなら、むしろノーベル文学賞でいいんじゃないかな。

「改憲漫画」に見る自民党の勘違い
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
すべてのニュースは賞味期限切れである

おぐらりゅうじ /速水健朗

政治、経済、文化、食など、さまざまジャンルを独特な視線で切り取る速水健朗さんと、『TVブロス』編集部員としてとがった企画を打ち出し、テレビの放送作家としても活躍するおぐらりゅうじさん。この気鋭のふたりのライターが、世の中のニュースを好...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

k12raru 最後まで読んでないけどマスコミはこーゆーのをちゃんとやれ 2年以上前 replyretweetfavorite

autumbright 「自民党は国民を縛るためのものだと勘違いしているんだよね。憲法は国民を縛るものではなく、あくまで、権力の側を縛るためのルールだっていうことが理解できていない。」 2年以上前 replyretweetfavorite

abm 前回から間が空いたから楽しみにしてたんだけど今回は内容が薄いなあ>全方位から叩かれる「改憲漫画」と自民党の勘違い| 2年以上前 replyretweetfavorite