赤ちゃんの動きも歌のうまさも、人間は“情報量”で判断している。

川上量生さんの新刊『コンテンツの秘密』をめぐるインタビュー。今回は、本書の中で重要な概念として何度も登場する「情報量」の話です。アニメーターがよく「情報量」という言葉を口にすることに驚いた、という川上さん。じつは人間は、情報量の多い・少ないを瞬時に判断しているんだそうです。いいコンテンツは、情報量が多いもの? では、情報量はどうやって増やせばいい? 脳が情報をどうやって認知しているのか、という話もあわせてどうぞ。

円や直線は、もともと脳のなかにある

『コンテンツの秘密』で、一番印象的だったのが「情報量」についての考察です。

川上量生(以下、川上) ジブリでびっくりしたのが、アニメーターが「情報量」という言葉を日常的に使っていたことなんですよね。でも情報量って言ったら、普通はIT業界で使うような言葉じゃないですか。「この人達は、何のことを言ってるんだろう」と思ったんですよね。

— アニメーターの方々は、「この絵は情報量が足りない」とか言うんですか?

川上 そうそう。逆に「このシーンは情報量が多すぎてうるさい」とかね。

— この本では、情報量という概念を、人間の脳が認識している“主観的情報量”と、客観的基準で測れる“客観的情報量”の2つに分類しています。アニメでは、主観的情報量が多くて、見た人が大事なところをわかった気になれる絵がいいとされる、と。

川上 そうですね。逆に言うと、パッとその絵を見たときに、何を見ていいかわからない絵はよくないんです。これを見なきゃいけない、というのが明確にわかるのがいい絵。さらに理想を言うと、見るべき要素がたくさん、うまく衝突しないかたちで詰め込まれていると最高です。何度も見たくなるから。でも、そういう絵を描くのは難しいんです。

— 『コンテンツの秘密』では『もののけ姫』の背景や『ハウルの動く城』のハウルが飛ぶシーンなどを例に説明されていましたね。

川上 おもしろいのは、絵を見て「いい」「悪い」はみんな判断できるってことなんですよ。それは人間の脳の特徴なんです。人間の脳は基本的にパターン認識をしているので、判断するのは得意なんですよね。だれでも、できあがったものを見れば、それがいいものかどうかはわかる。

— おお。たしかに!

川上 つまり、人工知能のディープ・ラーニングで起こってることは人間の脳でも起こっていて。

— え? すみません(笑)。ちょっと説明を……

川上 人工知能の分野で近年非常に発達したのが、ニューラル・ネットワーク上でのディープ・ラーニングという研究分野なんですよ。

— はい。ニューラル・ネットワークって、脳の神経細胞のつながりを、コンピュータ上で実現しようとする試みのことですよね。

川上 そう。で、ディープ・ラーニングはざっくり言うと、多くの段階に分けて、コンピュータが学習をおこないます。それが人間の認知に似ていると。

— 本のなかにありました。ぼく、初めてディープ・ラーニングをちゃんと理解できた気がします。解説がわかりやすいですよね。

川上 特にその中のオートエンコーダという手法が、まさに人間の脳でやってることそのものなんですよね。要するに、情報を要約して、それをもう1回展開、再現するということ。

— 人が「いい」「おもしろい」と思うコンテンツは、その再現がうまいもの、ということなんですね。『コンテンツの秘密』には、脳の認識を説明する例として、似顔絵についての話がのっていました。

川上 似顔絵も、情報を要約して再現したものですよね。それは現実とはちょっと違うんだけど、頭のなかのイメージと合致したら「似ている」とみなされる。

— 頭のなかには、あらかじめ現実とは違うイメージがあるんですね。それについて、北斎が浮世絵を描くのに、定規やコンパスを使っていた、という話も書かれてましたよね。

川上 そうそう。現実の世界には、きれいな直線や正確な円はありませんよね。北斎は自然界にある風景を正確に模写しようとして、直線や円を使っていたわけじゃないんですよ。

— はい。

川上 じゃあ、円や直線はどこにあるのか。脳のなかにもともとあるんです。人間は円や直線に反応する回路を脳の中にもっている。これは、唯脳論の養老孟司さんの言い回しですが。

いい作品をつくるのに、センスは関係ない

川上 あとですね、ぼくが思うに情報量そのものが、人間がいろいろなものを認知するための重要な情報なんですよね。

— ほほう。情報量そのものが、ですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
川上量生の胸のうち

川上量生

「おおっぴらに書くと炎上しそうなことも、ケイクスでなら言える」そんな風に語るのは、ドワンゴ代表取締役会長、スタジオジブリ所属、アニメーション製作のカラー取締役、KADOKAWA取締役と日本のメディア界で幾つもの重要な役割を持つ川上量生...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Nuts_aki じゃあ、円や直線はどこにあるのか。脳のなかにもともとあるんです。人間は円や直線に反応する回路を脳の中にもっている。 https://t.co/SJS8BF8SRG 2ヶ月前 replyretweetfavorite

halfneco この二つの話は繋げて読むと面白い。 約1年前 replyretweetfavorite

mmmmmritsu https://t.co/qcy44C6Gw4 2年弱前 replyretweetfavorite

lunatic_queen 実際、絵のうまい下手は、情報が整理されかつ良質であり量が潤沢であることにある思う。 それがセンスに由来するモノかどうかはわからないけれど。 2年以上前 replyretweetfavorite