詩人・黒田三郎の生涯をかけた愛の言葉『詩の作り方』中編

黒田三郎著『誌の作り方』評は中編です。話は徐々に「詩人」の本質に触れていきます。詩を作ることの本質に向きあたったとき、一体何が起こるのか。その時詩人はどうなっていくのか。詩人・黒田三郎が身を持って示した詩と詩人の本質に迫ります。

詩は「生活の歪み」から生まれる


詩の作り方(明治書院)

 黒田三郎は『詩の作り方』でもう一か所、この「紙風船」に関連して、やや奇妙なことを述べている。

 僕自身は、自作について語ることは、あまり好きではありません。しかし、作品によっては、そういやでもないものもあります。どの詩でも、僕の生活の歪みから生まれています。作者である僕の念頭から、その歪みははなれることはありません。

 注意したいのは「歪み」ということだ。詩が生活の歪みから生まれるともしている。関連して自作「紙風船」を引用した後、こうも漏らしている。

 この詩をかいたのは、昭和三五年ごろだと思います。この場合、僕の感じた歓びは、やはり無から有を生んだようなものでした。僕のかいたどの詩にも僕の生活がしみるようににじんでいますので、そういう詩を読むと、いまでも心が痛みます。問題自身はけっして、社会的にも、僕の心のなかでも、解決していないからです。

「生活から生まれる歪み」は、生活から滲むものであり、「心の痛み」でもある。それは詩作によって無から有となっても、解決されることもなく、むしろ「心の痛み」として存在する。

 ここで注目したいのは、「昭和三五年ごろ」という表現の意味合いである。詩の作者として詩をその個人史の文脈で読まれることは本意ではないだろう。例えば、「昭和三五年ごろ」を彼の年譜と付き合わせても、明確な照合があるとも限らない。調べてみても、詩壇のもめ事の他には、実際にそれと思えることは見当たらない。それでも、黒田三郎が現代詩のなかで傑出しているのは、詩が黒田三郎という詩人の存在に回帰していく道を明確に残している点にある。

 彼の詩が自身の人生に回帰していくことは、彼自身でも自覚していた。本書『詩の作り方』は一般向けの詩作の手法についてやさしく解説した書籍でもあり、詩作の内的な過程を詩人の内側から語った珍しい書籍でもあるが、なにより、詩と詩人というものを明確に言い切っている。

 詩というものは、現在の地位や立場を、何もかもなげうってしまわなければ書けないという性質があります。大学教授という立場に安閑としていれば、その詩にも限界があります。僕自身は大学教授ではありませんが、しかし、このすべてを無にしてしまう原則はよく知っているつもりです。

 この断言は圧倒的である。おそらくそのためだろう、本書は昭和44年(1969年)に初版が出て、その後、存命中や妻・光子の許可を得た追加もあるが、現代でもなお版を重ねて読み継がれている。

詩は「何もかもなげうってしまわなければ書けない」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新しい「古典」を読む

finalvent

「極東ブログ」で知られるブロガーのfinalventさん。時事問題や、料理のレシピなどジャンルを問わない様々な記事を書かれているが、その中でもとりわけ人気が高いのが書評記事。本連載は、時が経つにつれ読まれる機会が減っている近代以降の名...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード