フランス人は服を10着しか持たないわけではないが、ジーパンを70円で買っている?!

パリジェンヌのリアルなファッション事情を探るため、パリのファッションエリア・マレ地区で、20代のオシャレなパリジェンヌに突撃取材を試みた中村綾花さん。洋服にこだわって、お金をかけているように見えるお2人の、中村さんが奇声を発するほどに驚いた答えとは?

20代パリジェンヌのファッション事情

花の都、ファッションの都パリに生息するパリジェンヌたちは、世界最先端のモードを取り入れたオシャレさんばかりだと思っていませんか?

実はそんなことないんです。じゃあどうなのかというと……?

今回も日本のファッション雑誌が伝えていない、リアルで意外なパリジェンヌのファッション事情をのぞいてみようと思います。前回の高校生インタビューに引きつづき、ちょっと年齢上の20代のパリジェンヌに話を聞いてみました。


左は終始クールなドゥニアさん(27)、右は小さなえくぼがかわいいエステルさん(24)

パリのファッションエリア・マレ地区の通りですれちがったオシャレなパリジェンヌ2人。 無造作なロングヘアに赤い口紅、クールな顔で颯爽と歩く姿は、こちらが声をかけるのも緊張するような雰囲気をただよわせています。

ドキドキしながら彼女らを追いかけ、「ちょ、ちょっとファッションについてのお話を伺いたいんですが」と声をかけてみると……足を止めてくれました。

「どうする?」とアンニュイ(というか、かったるそう)に顔を見合わせるも、うっすら笑顔がもれてまんざらでもないようす。5分だけなら、と引き受けてくれました。 仕事場に向かう途中だったという彼女たちに職業を聞くと「アート系」とだけ教えてくれました。モノトーンのシックな服装から見るに、この辺りに多いギャラリーでの勤務なのだと思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sakumariko Ne pas être d'autre! >> 2年弱前 replyretweetfavorite

Pur_19 ふむふむ「『Ne pas être d'autre』は 直訳すると『他の人にならない』という意味。つまり、他の人と同じスタイルではなく『私は私』であること、を言っています。」 約2年前 replyretweetfavorite

atashixpompette "「...パリのスタイルって『Ne pas être d'autre』だからね」...つまり、他の人と同じスタイルではなく『私は私』であること" via 中村綾花さん @ayakahan| https://t.co/6qG2khKTsj 「あたしはあたし」スタイルよね、永遠に。 約2年前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 中村綾花@ayakahan https://t.co/c9Ic9i1VpS パリで1番オシャレ上手は、中年以上のマダム。 日本人のファッションは、「服に着られている」風の人がいる。 約2年前 replyretweetfavorite