花の名を一つ知れば、世界の謎が一つ消える

注目の経営者(ライフネット生命)にして、稀代の読書家としても知られている出口治明さんによる『本の「使い方」』。本とは「何か」? 本の「選び方」は? 本の「読み方」「活かし方」は? その本質的な部分を、深く、やさしく解説していきます。   (構成/KADOKAWA編集部 編集協力/藤吉豊)

「自分の頭で考え、自分の言葉で、自分の意見を述べる」ために

 17世紀の哲学者、パスカルが、著書『パンセ』の中で、

「人間はひとくきの葦にすぎない。自然のなかで最も弱いものにすぎない。だが、それは考える葦である」(参照:『世界の名著 第24 パスカル』 前田陽一 由木康・訳 中央公論社

 と述べているように、人間は思考を行うからこそ偉大であり、人間の尊厳のすべては、考えることの中にあると思います。
 人間の人間たる所以は、自分の頭で考えることです。「自分の頭で考え、自分の言葉で自分の意見を述べること」が何よりも重要です。これこそが、すべての教育や学習の最終目標です。

 たとえば、気になる異性に「つき合ってください」と言うのか、言わないのか。おもしろそうな仕事があったときに「自分にやらせてください」と言うのか、言わないのか。日々、自分の頭で考えて次々と選択(対応)をしていくのが、人間の人生です。

 人間が、この社会でより良い生活を送るためには、この日々の選択を少しでも正しいものにするために、自助努力(勉強)が必要です。日々の選択の判断材料となるのが、「教養」です。

・教育……生きていくために必要な最低限の武器を与えること
・教養……より良い生活を送るために、思考の材料となる情報を身に付けること

 ストックしてある知識や情報の量が多ければ多いほど、思考や直感など脳の活動の精度は高くなります。だから私たちは、たくさんの教養を身に付けておく必要があるのです。

「知」は、それだけで力になる

 ライフネット生命のオフィスの近くに、「ソラノイロ」というラーメン屋さんがあります。私の行きつけの一軒です。このお店の店主、宮崎千尋さんは、高校時代にラーメンの食べ歩きをしたことがきっかけで、ラーメン職人を志しました。

 このお店で特出しているのが、女性客への対応ではないでしょうか。
 宮崎さんの、「女性でも、ひとりで安心してラーメンを食べられるようなお店をつくりたい」との思いから、メニューにも、設えにも、女性の心をつかもうとする意欲がうかがえます。

 「ベジソバ」は、日本で初めて、麺・スープ・トッピングすべてに野菜を使ったヘルシーなラーメンです。スープには、豚・鶏・魚に、ムール貝の塩ダレとニンジンのグラッセピュレを混ぜてあるそうです。
 宮崎さんが「ベジソバ」を創作できたのは、食材やラーメンに関する教養(情報)をたくさん持っていたからです。
 ムール貝を食べたことのない人や、グラッセピュレを知らない人には、「ベジソバ」を思いつくことはできません。

 「豚+鶏+魚+ムール貝+ニンジン」という組み合わせを思いついたことで、日本初のラーメンをつくることができたのです。頭の中にたくさんの情報がなければ、いくら考えても、良いアイデアは生まれてきません。
 知は、それだけで力になります。新しいアイデアは、教養を持つ人からのみ、生まれてくるのではないでしょうか。

大切なのは「読書量」よりも、精神のあり方

 私が活字中毒者であることを知る人から、たびたび「教養のある社会人になるには、何冊ぐらい本を読んだらいいですか?」と、聞かれることがあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
本の「使い方」

出口治明

注目の経営者(ライフネット生命)にして、稀代の読書家としても知られている出口治明さん。出口さんは物心ついた頃から数えると、これまでに概算1万冊以上の本を丁寧に読み、そして、それを自分の血肉にしています。それがときに、現実社会を生き、働...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hazkkoi 好奇心がすべて。 "教養とは彼女のように「一つでも多くのことを知りたい」という精神のあり方のことではないか、と私は考えています"  5年弱前 replyretweetfavorite