脳のタイプが違うと、メモの取り方も違う!

仕事をしていると、「この人の思考回路はおかしい」「あの人のやり方は理解できない」といった場面に出くわすことがあります。あなたは「相手がおかしい」と思い込んでいるかもしれませんが、そんなときはじつは相手も同じことを思っているものです。なぜなら、そもそも脳のタイプが違うからです、と言うのは、作業療法士として生体リズムや脳の仕組みを使った人材開発を行っている菅原洋平さん。理解できない言動をする人に振り回されそうなときの脳の使い方、対処方とは?

メモの取り方には2つのタイプがある

 みなさんは、誰かの話を聞きながらメモをとるとき、どんな書き方をするでしょうか。いつものメモの取り方を思い出してみてください。

 同じ話を聞いていても、メモの取り方は人によってまったく異なります。それぞれ多少の個人差はありますが、実は、大きく2つに分けられるのです。

 1つめは、関係図を描くタイプです。このタイプの人は、書いたメモの中で重要だと思った箇所を〇(マル)で囲んでいき、他の○との関係を矢印で結んだり、枠で囲んだりして整理します。これは、視覚イメージと空間配置で物事を理解していることの表れです。

 また、関係図を描くタイプの人は、印象に残ったことや重要だと思ったことを、そのとき書ける場所にそのままメモします。そのため、手元にある資料の余白部分に、プリントされていることとは全然違う内容のことがメモされていることがあります。

 また、スケジュールや、やることリスト(To Doリスト)を書く場所が、あらかじめ用意された手帳をこのタイプの人が使うと、手帳に引いてある線とは無関係に、とにかくスペースのある場所にメモが書き込まれる傾向があります。メモ帳やノートをどんどん消費するのもこのタイプの特徴です。

© Bacho Foto - Fotolia.com

「そんなメモの取り方では、あとで確認するときに、どこに何が書いてあるかわからないじゃないか」と思う人もいるでしょうが、メモした本人は、「あの資料の右端に斜めに書いてある」というように見た目(イメージ)で記憶しているので、どこにメモがしてあるのか把握できています。そもそも、関係図を描くタイプは、あとでメモを見返すこと自体が少ないのですが……。

 もうひとつのタイプは、メモを箇条書きするタイプです。

思いつくままに書く? 整理して書く?
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
思いつきで行動してしまう脳、考えすぎで行動できない脳

菅原洋平

仕事がうまくいかない……。ビジネスパーソンであれば、誰もが経験する悩みです。仕事が思ったように進まず、安定的なパフォーマンスを発揮できなければ、ストレスも溜まりますし、会社に行くのも辛くなってしまいますよね。その原因は、能力? スキル...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ActiveSleep メモするときは資料の空いているところに書き込みますか?箇条書きにしますか?他人のメモを見てもよくわからないのは、 5年以上前 replyretweetfavorite