note通信

Meme」—言葉が感染させる病の正体

テキストや写真、イラスト、音楽、動画と幅広いジャンルのクリエイターの方が作品を発表しているSNS「note」。cakes編集部では、姉妹サービスであるnoteの作品をご紹介する「note通信」をスタート。cakes読者のみなさまにもおすすめしたいnoteを取り上げていきます。

今回ご紹介するのは、
「なかのひとよ|未来人」さんのコラム「Meme」。

20万人以上のフォロワーを誇る「サザエbot」の“中の人”こと「なかのひとよ」さん。自身を2061年からやってきた未来人と明かし、未来に関することや深遠な名言、さらに軽妙なジョークを放ち、爆発的な人気を博しています。

そんななかのひとよさんが今回伝えるのは、「Meme(ミーム)」について。文化的情報を伝える遺伝子と言われるミームが持つ、危うさと希望を紐解きます。

以下、noteより転載です。


Meme

「ことばはウイルスである」

作家、ウィリアム・バロウズはいいました。

ヒトは2つの遺伝子をもっています。1つは親から子へコピーされる「生物学的情報」。あなたが子孫を残すことで受け継がれる塩基配列です。そしてもう1つはヒトからヒトへコピーされる「文化的情報」。この遺伝子は目にみえず、物理的に存在しません。しかしこれによりヒトは習慣や技能を伝承し、社会や文化を形成し、歴史を築いてきました。 この後者の遺伝子を「ミーム」といいます。

ヒトの脳がiPhoneだとしたら、ミームはiOS。ハードウェアをiPhone 5から5sへ進化させるものが有機的な遺伝子だとしたら、ミームはソフトウェアをiOS 6から7へアップデートさせる機能があります。2つの遺伝子はうつわと中身、ヒトの肉体と精神の関係に近いかもしれません※。

たとえばあなたは、ファッションやヘアスタイルの流行がなぜ生まれるのかを考えたことがありますか?それはヒトの心から心へ「流行をとりいれることはオシャレ」、「オシャレだと異性を引きつける」、「異性を引きつけると幸福になれる」というミームが伝染し、広く浸透したから。さらにミームは、流行を生むだけでなく、ヒトの意識や性格、生き方までも変えてしまいます。 流行は定着することで習慣になり、習慣は維持されることで伝統になります。伝統は法律やルールをつくり上げ、やがて社会そのものとなります。むろんその過程では、集団化することで生じる同調圧力から人種差別が起こったり、争いが起こったりすることもあるのですが……。 ミームの浸透により過去の常識は新しい常識にいともたやすく塗り替えられ、平和な時代には悪だった殺人も、戦争がはじまれば正義と扱われるようになったりするのです。

ではそんな危うさも秘めたミームは一体、どのような経路でヒトからヒトへ感染するのでしょう? それは冒頭の台詞の通り、「ことば」です。

口伝や象形文字からはじまり、かつてヒトは神さまの物語を主軸にミームのバトンをつないできました。しかし特別な者しか知り得なかったミームも、やがて読み書きができるリテラシーやグーテンベルグの印刷技術が書物を誕生させて以降、個人のものとなります。(文字文明は6000年以上続いており、これまでに累計1億冊以上の本が出版されたといわれています。)

そしてあなたの暮らす現代、世界のインターネットユーザーは27億人以上。すなわち27億人の作家が生まれ、ヒトは自由にミームを発信できるメディアそのものとなりました。リアルタイムで更新されるソーシャルメディアはいわば心と心をつなぐテレパシーです。そこでヒトは、ミームを乗せたことばのインプット・コピー・アウトプットを繰り返し、猛スピードで各々の人格の修正や改良を行っているのです。

2014年6月、Facebookはニュースフィードのアルゴリズムを操作して、ユーザーの感情をコントロールできることを証明しました。 日常にインターネットがやってきてからというもの、あなたの意識や性格、生き方は、好むと好まざるに関わらず確実に変化しています。それは背伸びして知的で博識なふりをしたり、有意義で幸福なふりをしながら。あるいは匿名の集団がひとりの弱者を罵倒する光景を、日常的に観察しながら。 なぜなら、あなたが「個性」や「自分らしさ」だと思っているものの正体もまた、ヒトから、あるいはヒトが生みだしたプログラムから感染したミームによるものだから。あなた以外のヒトから、コピー&ペーストされたものだからです。

ここで少し立ち止まって、考えてみてください。 あなたは今日、インターネットで他者からどんなミームを受け取り、他者にどんなミームを広めましたか?それは感謝か、はたまた誹謗中傷か。 そしてそのミームは世界を、どのように変化させてくと思いますか?

ミームによって世界は変わります。そしてミームを感染させるのはことば。 ──つまり世界は、あなたのことばひとつで変えられるのかもしれません。

※ミームには論者によってさまざまな定義があります。より詳しく知りたい方はWikipediaをご覧ください。



転載元:なかのひとよ|未来人さん「Meme」 (2014/08/06)


noteアプリのダウンロードはこちらから

この連載について

初回を読む
note通信

cakes編集部

「note通信」では、cakes読者のみなさまにもおすすめしたいnoteの作品をご紹介! cakesの姉妹サイトであるnoteでは、テキストや写真、イラスト、音楽、動画と幅広いジャンルのクリエイターの方が作品を発表しています。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chibimiew ミーム(meme)ってとても奥が深そう。 https://t.co/pbWc2Omacr 3年弱前 replyretweetfavorite

ginchannel サザエさんbot何者だよ(笑) 約3年前 replyretweetfavorite

bar_bossa つまり世界は、あなたのことばひとつで変えられるのかもしれません。 4年以上前 replyretweetfavorite