最終回】「母性」を育てていますか?

「母性的」「母性本能をくすぐる」という言葉がありますが、母性は、女性なら誰にでも備わっているものでしょうか。女性ホルモンは本来、女性を「母親」にするために働くホルモンです。けれど、子どもが好きではない女性もいますし、子育てに戸惑うお母さんもいます。母性は女性性の大きな鍵ではありますが、どうやら「女性なら、当然持っているもの」というわけではなさそうです。連載最終回は、そんな「母性」についてのお話です。

母性は「育てる」もの

—今回で連載は最終回となります。最後に、女性ホルモンの最大の特徴である「母性」についてうかがいます。母性は女性にとって大切なものだとは思いますが、子どもを産んでいても「子どもにイライラしてしまう」「かわいいと思えない」と思い悩むお母さんもいますし、出産をしない女性もいます。現代は昔とは女性を取り巻く環境も異なりますし、女性ホルモンがあるからといって、誰でも自然と母性を持てるわけではない気がするのですが、そのあたりはいかがですか?

 確かに女性ホルモンは母性を育むものですが、女性ホルモンが出ていれば必ずいい状態で母性が育つというわけではないんです。まず、母性は訓練することで育ってきます。模擬が必要なんです。だからこそ、小さい頃から女の子には、優しい言葉で話したり、人形の赤ちゃんをおんぶしたりだっこしたり、おっぱいをあげる真似事をさせることが大切なの。

 ちなみに、その模擬の場面で、日本人の子育ての文化と異質なのが「ミルク飲み人形」なんですよ。私はミルク飲み人形が欧米から入ってきたことが、日本の母乳文化が変わった1つの要因だと思っています。だから、母乳哺育を推進する立場としては、今、改めておままごとで「おっぱいやり人形」を使って、母乳を与えることが当たり前の行為として女の子に身につくようにしてほしいと思っているのよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
おっぱいがあなたに知ってほしいこと

神藤多喜子

男性も女性も、子どもも大人も、みんなが大好きなおっぱい。つい形や大きさに目が行きがちですが、実はその2つのふくらみにはもっと深いストーリーがあるのです。女性はもちろん男性にも知ってほしいおっぱいと女性ホルモンの秘密を、『きれいをつくる...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません