第39回】ブルゴーニュの、忙しい春

フランス・ブルゴーニュでワインをつくる日本人、仲田晃司さんの連載が更新です! なんと、たいへん貴重な、ワイン用のぶどうを剪定する動画を公開! また今回は、ルー・デュモンのワインを世界に広めるためにデンマーク出張にもでかけます。アジア人がたった一人でフランスワインの世界に乗り込み、デンマーク一流のレストランでお客様に伝えた、「ある疑問」の答えとは?

今年のブルゴーニュは、急にあたたかくなりました。
そのため、私達ルー・デュモンでも、急きょ3月20日にぶどうの樹の剪定を始めました。
私の出張があるため、4月6日までにすべてを終わらすべく、家族総出で剪定をおこないました。

この時期の剪定はその年の収穫量や品質を決める重要な仕事です。
剪定をしないと葉や枝が茂りすぎてしまい人もトラクターも畑に入れなくなってしまうので、仕事をスムーズにするため、ぶどうが一定方向になるように整えるためにも重要な仕事です。

ぶどうの収穫量を増やすのか減らすのかも、この段階で大まかに決めることができます。
生産者によっては最大限の収穫をするために芽を多くのこすかたもいますし、その逆で、芽を2~3しか残さず超低収量にするかたもいます。

私達は、所有するすべての畑で有機栽培をおこなっています。
有機栽培とは、化学物質を使わず、自然界に存在するものだけで畑を作っていくやり方です。





剪定中の動画をとってみました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイン通信・ブルゴーニュの村から

仲田晃司

フランスはブルゴーニュのジュブレ・シャンベルタン村でワイナリーを経営する日本人醸造家・仲田晃司さんはじめての連載。仲田さんのワインのラベルには「天・地・人」という文字がきざまれています。2003年5月、在りし日のアンリ・ジャイエ翁より...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード