女性を活用したいなら、組織のリーダーを決めてはいけない?

だいぶ長い間、女性の地位向上が主張されていますが、会社内で昇進したがる女性は少ないという記事が話題になりました。川上慎市郎さんは、日本の企業が、女性の得意とするリーダーシップを発揮しにくい組織構造であることを指摘します。ではいったい、どんな形態の組織が女性にとってリーダーシップを発揮しやすい組織で、そういう組織をつくるにはどうしたら良いのでしょうか?

5月22日にダイヤモンド・オンラインに掲載された、「能力ある女性が昇進したがらない深い事情|女性活躍推進を阻む企業の誤解」という記事が、大変な話題になっています。掲載から1週間経った時点でFacebookの「いいね」数は3400と、同じ期間の記事の中では2位に3倍以上の差をつけ記録的な値に達していました。

ちなみにこの記事は、私の所属するグロービス経営大学院の2人の女性教授が執筆した記事です。身内だから持ち上げるわけではないのですが、記事の内容に私も非常に共感しました。

今日は、この記事を読んで少し考えたことを述べてみたいと思います。

「強いリーダー」による組織はもう限界

この記事が話題になった理由を一言で言えば、「女性が管理職になれない、あるいはなっても十分に能力が発揮できない、具体的かつ解決可能な問題点を指摘した」ことだと思います。その問題とは、一般にリーダーに求められる(と思われている)ステレオタイプな振る舞いや資質が、女性の多くが得意とするリーダーシップのタイプとかい離していることです。

これは私自身も企業研修などでリーダーシップについて議論するたびに感じることですが、日本人は「リーダー」というポジションの人間に対して、自信に満ちあふれた決断や毅然とした指示命令、単独でも先頭を切る行動力など、ある種の「頼もしさ」を期待することが多いです。しかし、細やかな気配りや言動の慎ましさ、みんなの協力を重視する姿勢など、一般的な女性に求められるジェンダー・ステレオタイプはこれと正反対です。だから、なる前となった後で正反対の言動を求められる女性にとって、管理職というのは「自分自身が活躍できるイメージの湧かない」仕事だというわけです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
R30::リローデッド

川上慎市郎

グロービス・マネジメント・スクールでマーケティングを教える川上慎市郎さんが、若手ビジネスパーソン向けに、マーケティング、メディア、そして教育について、深くやさしく解説をします。かつて有名ブログ「R30::マーケティング社会時評」を運営...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moxcha いや、ちゃうやろ、とおもわず言いたくなる記事 3年以上前 replyretweetfavorite

chihiro0705 既存のステレオタイプは違うけどPTAなのか QT 4年以上前 replyretweetfavorite

senrisan 素朴な疑問なんだけど、はっきりとした責任者を置かない場合、何かあったら誰が責任とるの? 4年以上前 replyretweetfavorite

stella_d_tweet ネットワーク型組織って概念面白い。 4年以上前 replyretweetfavorite