チャレンジ村上春樹】村上作品に学ぶ、ビジネスと浮気の心得。

作品に夢中になるほどに、一文字も余すところなく理解したいと思うようになっちゃう村上ワールド! その魅惑の世界を、体当たりで探究していく「チャレンジ村上春樹」。「チャレンジ村上春樹」。最終回となる第3回は、村上作品と真正面から向き合った結果得た3点の気づきをご紹介しちゃいます!

ビジネス書より村上春樹!小説のイケてる男子に学ぶ、ビジネスと浮気の心得

『ねじまき鳥クロニクル』で数軒の飲食店を持つ「僕」の叔父は、「何か大事なことを決めようと思ったときにはね、まず最初 はどうでもいいようなことから始める」と言います。その具体例として語っているのが、“人間観察法”。これは、店を出そうと決めた場所の前に1日3~4時間立ち、通りを歩く人の顔をただじっと眺めるというもの。最低でも1週間、3000~4000人。そうするとその街と自分の店のコンセプトとの合致点が見えてきて、それは損益分岐点や回転数などを算出するよりも大事なことなんだそうです。

また『国境の南、太陽の西』の主人公のバーが成功している理由は、何より「想像力」だと言います。たとえば20代の独身男性が女の子をデートに連れていくなら、どんなお店で何を飲むだろうか、予算はいくらかなどを細かく趣味レーション。しかもコレ、子どもの頃からの習慣だったとか。想像力を働かせることは、マーケティングの本質ですからね!

最後に、デキるビジネスマンは結構モテるもの。魅力的な女性が身近にいて、「性欲は当たり前にあるもの」であれば、浮気だってしちゃうことも……ありますよね。そんなときの的確な対処法は、『国境の南、太陽の西』の主人公の義父が教えてくれてました。まず、何があっても午前2時までには家に帰ること。いわく、この時刻は「疑われない限界点」。もう1つ、友達を浮気の口実に使わないこと。そして間違っても『ねじまき鳥』の僕のように、「充電してた」とは言わないように!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケトル

この連載について

初回を読む
村上春樹が大好き!

ケトル

「無駄に価値がある!」がコンセプトの、雑誌『ケトル』。その毎号の特集をcakesで配信していきます。第8弾のテーマは「村上春樹が大好き!」。村上春樹作品の主人公は優柔不断だって言われることがあるけれど、寄り道して、いろんなモノを受け入...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード