無理なくカロリー消費するための「最適な運動の組み合わせ」とは?

運動だけでカロリーを消費するのには、かなりハードなトレーニングが必要となります。そこで、2種類の運動を組み合わせることによって、無理なくカロリーを消費できるダイエットのしくみをご紹介します。
「みんなの健康づくり」のプロ、予防医学研究者である石川善樹さんが、最新の生理学、脳科学、疫学研究、心理学、行動科学などを駆使して、ダイエットに成功するために、必要なことを解き明かします。もう絶対リバウンドしない、その名も『最後のダイエット』ぜひお試しください。

運動をすれば食事を減らさなくてもよいのか

 ここまで3人のダイエットの実例を見てきました。どのかたも食事を減らしてやせたわけですが、やっぱり食事を減らすのには抵抗があるかたもいるでしょう。そういう場合、食事を減らす代わりに、運動をしても構いません。

 ただ、①の減量期に減らす必要のあるカロリーを、運動だけで消費するには、想像以上にハードなトレーニングが必要です。

 たとえば、体重50㎏の人が運動で100キロカロリー消費するのには下の表のような時間がかかります。

 減量期についていうと、Aさんは480キロカロリー、Bさんは564キロカロリー、Cさんは365キロカロリーを減らす必要がありました。ジョギングになおすと、毎日40分から1時間15分くらいです。毎日これを続けるのは、仕事をしているとなかなか大変ですよね。

 結局、すごく普通の話になってしまいますが、いちばんのおすすめは、食べる量を減らすのと、運動を少しすることの組み合わせです。たとえばAさんで言うと、480キロカロリーのうち、380キロカロリーは食事を減らし、100キロカロリーは、ひと駅分歩くことで減らす、という具合です。

 時間のとれる週末にまとめて運動するのは、とても効率的なので、ぜひやってください。

運動するならなにをすればよい?

 さて、運動についてはもうすこし説明しておきます。 まず、運動は2種類に分類できるのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
最後のダイエット

石川善樹

最新の生理学、脳科学、疫学研究、心理学、行動科学などを駆使して、「みんなの健康づくり」のプロ、予防医学研究者である石川善樹さんが人類史上最大の難問であるダイエットに解き明かしました! もう絶対リバウンドしない、その名も「最後のダイエッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

3839Ay 運動でいちばん効率的なのは、スロースクワットなどの「筋トレ」をした後に、ウォーキングなどの「有酸素運動」をすることです。2つの組み合わせが効果を最大化します。 ちなみに、有酸素運動の中で誰にでもおすすめなのは、やはり歩くことです。 https://t.co/gDVrMXDfQX 4ヶ月前 replyretweetfavorite

shinshinesun なるほど。食事前に少し筋トレして、歩くか走って、少なめのご飯を食す! 4年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 最後のダイエット|石川善樹@ishikun3 https://t.co/mYzzV9h6iF スロースクワットなどの筋トレをした後に、ウォーキングなどの有酸素運動をすること。 2つの組み合わせが効果を最大化する。 4年以上前 replyretweetfavorite