1分で3つの効果がある筋力トレーニング

たった1分で3つの効果が得られる簡単筋トレ「スロースクワット」について解説していきます。歯を磨きながら、新聞を読みながら……。など、なにかの“ついで”にすることで、太りにくい体質を目指しましょう!
「みんなの健康づくり」のプロ、予防医学研究者である石川善樹さんが、最新の生理学、脳科学、疫学研究、心理学、行動科学などを駆使して、ダイエットに成功するために、必要なことを解き明かします。もう絶対リバウンドしない、その名も『最後のダイエット』ぜひお試しください。

1分で3つの効果がある筋力トレーニング

 そして、加齢によって太ってしまったCさんには、できればかんたんな「筋トレ」を組み合わせてほしいです。Cさんが太ってしまった最大の理由は、筋肉の減少による基礎代謝の減少ですから、そこへの対策が必要なのです。

 自宅でできて、簡単な筋トレでおすすめなのは「スロースクワット」です。1分ほどでできて、続けるのも簡単。体のなかでいちばん大きな太ももの筋肉が鍛えられるので、足腰が弱くなりがちな中高年はぜひやってほしいです(若い人も朝にこれを行うとかなり効果があるのでおすすめです)。

 スロースクワットには3つの効果があります。

1.筋肉量が増えて基礎代謝があがる
2.アフターバーン効果で代謝効率があがる
3.成長ホルモンが出る

 1つ目は、筋トレによって筋肉がつけば、基礎代謝があがります。基礎代謝があがると、太りにくく、やせやすくなるので、ダイエットが楽になります。

 また、2つ目として、スロースクワット後の6時間くらい、体がやせやすくなる特別な状態になります。これは「アフターバーン効果」といいます。この効果が持続している間は、日常生活で歩いたりしている際にも、代謝効率が良くなり、カロリー消費も多くなるのでやせやすくなるのです。

 そして3つ目として、筋トレをすると、「成長ホルモン」が出るという効果もあります。成長ホルモンが出ると、筋肉がつきやすく、体脂肪の分解がはやくなります。また、気持ちが元気になるという効果もあり、朝からテンションをあげて一日を迎えることができるのです。

 次ページで、スロースクワットの具体的なやり方を説明しています。ぜひ椅子から立って、ためしてみてください。

 これだけ見ると簡単に思えるかもしれませんが、5秒かけてしゃがみ、5秒かけて立ちあがるのは、意外と負荷がかかります。しっかりやると最初のうちは筋肉痛になるかもしれません。でもそれは筋肉をしっかり使っている証拠ですから、その調子で続けてください。

 上下で10秒ですから、5回やっても1分弱です。この時間がとれないひとはいないはず。ぜひ毎日やってください。

 くわしくは3章で説明しますが、こういったトレーニングを続ける秘訣は、なにかの〝ついでに〟行うことです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
最後のダイエット

石川善樹

最新の生理学、脳科学、疫学研究、心理学、行動科学などを駆使して、「みんなの健康づくり」のプロ、予防医学研究者である石川善樹さんが人類史上最大の難問であるダイエットに解き明かしました! もう絶対リバウンドしない、その名も「最後のダイエッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sizukanarudon 1分で3つの効果がある筋力トレーニング 最後のダイエット|石川善樹@ishikun3 https://t.co/S7TQvSExjJ スロースクワット 1.筋肉量が増えて基礎代謝があがる 2.アフターバーン効果で代謝効率があがる 3.成長ホルモンが出る 約4年前 replyretweetfavorite

BD_toyo 今、会社のデスクにあるよ!この本!> 約4年前 replyretweetfavorite