料理の根っこは「理屈」にあります—うめ・小沢高広(漫画家)vol.3

家での肉の食べ方を追求した肉マニア本『大人の肉ドリル』が好評の松浦達也さんが、気になる「食」の人、「肉」の人に会いに行く――。シリーズ第3回のゲストは漫画家ユニット「うめ」の一人として活躍されている小沢高広さん。小5にしてデリーのカレーを家でつくり、科学クラブでは「実験」と称し学校で豚肉を揚げていたそう。独創的なレシピを生み出す小沢さんが、料理にハマったきっかけとは。

松浦達也(以下、松浦) 小沢さんといえば「炊飯器のスイッチを入れてから落ちるまでの間に、すべてのおかずを作りきる男」で知られていますが……。

小沢高広(以下、小沢) それ知ってるの、一部の人たちでは?(笑)

松浦 えー。少なくとも「うめ」ファンの人たちは知ってるでしょう! ていうか、今日は何を作るんですか?

小沢 豚バラと新玉ねぎとわかめの炊き込みごはん!

松浦 聞くだけで、もううまそうなんですけど!

小沢 でもかんたんですよ。ごはん鍋に豚と新玉ねぎをぶちこんで、炊きあがったらわかめごはんの素を入れてザーッと混ぜるだけ。火にかける時間を除いたら、5分でできる品だもの。

松浦 あれ? このガスコンロってごはんモードがついてるの?

小沢 そうそう! これ、専用鍋つきで自動で切れるんですよ。炊飯器いらず!

松浦 いいなあ……。僕もガスの鍋炊き派なんですけど、電話がかかってきたりすると火を落とし忘れそうになるから、うらやましい!

今日の「肉」は

小沢 ところで松浦さん、今日何作るんだっけ。

松浦 とりあえず、cakes的にも牛は焼かないと。あとは鶏でも焼こうかなあって。

小沢 今日は魚や野菜には目もくれず、肉だけで行くんだ。

松浦 まだ書店やAmazonでも地味に『肉ドリル』が粘ってるみたいなので、背中を押してあげないと(笑)。小沢さん、ほかのメニューは?

小沢 あ! そうそう。食べてほしいものがあったんだった。

松浦 ん? これは……コンビーフ……?

小沢 そう! コシヅカハムっていう肉屋のコンビーフ。ちょっと食べてみて。

松浦 へえ……。じゃあちょっと……。って、なにこれ!! 超濃厚なんだけど!! うんまーい!!

小沢 (にやり) これ、ほぐしたコンビーフにバターを和えてるの。それも今日はカルピスバター!

松浦 ぐわあああ(悶絶) ちょ、ちょっと、これごはん必要でしょ!! この脂をごはんの熱で溶かしながら……。

小沢 まだ炊けてない。

松浦 えーっ!? これ、ごはんにちょんと乗せて、醤油を2~3滴落としたい! うわーうわー。

小沢 まあビールでも飲んで落ち着いて(笑)。

松浦 (ゴクゴク) フーッ……。これは背徳感と罪悪感、それにやっちまった感が押し寄せてくるなあ(笑)。でも思い返せば小沢さんのレシピって、給食系男子のときの「大根のバター煮」も含めて独創性が異様に高い。

小沢 そうかなあ。でも理屈が根っこにあるところは松浦さんと似てるかも。

松浦 給食系男子の『家メシ道場』にレシピ提供してくれた「大根のバター煮」のときも「味がしみさせたいから、大根に包丁をもっと斜めに入れて、繊維の切断面を大きくするんですよ」って言われて「そんなこと考えてるのか。すげえ」って驚いた覚えがある。あと「バター好きなんだなあ」って(笑)。

小沢 バターの使い方がいつも邪悪(笑)。

松浦 小沢さん、わりと子どもの頃から外食してませんでした? 小沢さんの食事って、いい意味でバタくさいというか外食っぽさがある気がします。

小沢 どうだろう。でも僕の調理体験の土台は、上野御徒町「デリー」のカレーなんですよ。いまでもオフィシャルサイトでレシピが公開されているバターチキンカレーをつくるくらいデリーは好きですね。


上の似顔絵は、「うめ」の(主に)作画担当兼、小沢さんの奥様兼、ごはんは食べる専門の妹尾朝子さんの直筆(油性マジック)


小沢さんが料理にハマったきっかけは

松浦 その原体験って、何歳のとき?

小沢 小学校5年生くらい。親か親戚に連れて行ってもらったんです。それまでは家や給食で食べるカレーくらいしか知らなかったから、あのシャバシャバのカレーがめちゃくちゃ衝撃的で。しかも、デリーだからうまいわけですよ!

松浦 すでに小5の舌じゃない(笑)。

小沢 で、デリーのカレーを家でもつくろうとするわけですが……。

松浦 かんたんにはいきませんよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
たまごはん/にくごはん

松浦達也

人は肉によってのみ生きるものではない。もちろん卵によってのみ生きるものでもない。誰かと交わす、ひとつひとつの言葉によって生かされるのだ――。と誰が言ったか言わないか。食べるも口ならしゃべるも口。酸いも甘いも卵も肉も噛...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

wbisken cakes(ケイクス) https://t.co/FWqsFqgmnO  自分の食べたい物を自分で作って食べられるの、羨ましい。 2年弱前 replyretweetfavorite

ume_nanminchamp ようやく料理っぽい話が少々でてきた! 2年弱前 replyretweetfavorite

babakikaku_m そしてcakesの「肉食巡礼」も久々の更新であります。 2年弱前 replyretweetfavorite