もふくちゃん(「株式会社モエ・ジャパン」代表取締役)→劔 樹人(マネージャー / ベーシスト) Vol.3
「アイドルを取り巻く状況はどう変わりましたか?」

今回インタビュアーを務めてくれるのは、秋葉原にある萌え系ライブ&バー「ディアステージ」や、アニソンDJバー「MOGRA」を運営するモエ・ジャパンの代表で、「でんぱ組.inc」などアイドルのプロデュースも手がける"もふくちゃん"こと福嶋麻衣子さん。そんな彼女がインタビューするのは、バンド「神聖かまってちゃん」や「撃鉄」のマネージャーであり、自らもベーシストとしてさまざまなバンドに参加してきた劔 樹人さん。さまざまなメディアで話題をふりまき、元"アイドルヲタ"という共通項を持つふたりの対話は、果たしてどこに向かうのでしょうか?

アイドルを取り巻く状況はどう変わりましたか?

Q.最近はアイドルを聴きながら色んなジャンルの音楽も聴くというのが一般的になりましたけど、当時アイドルヲタはマイノリティで、完全に迫害されていましたよね(笑)。

劔:僕もライブハウスとかで、隠れキリシタンのように仲間を見つけるのに必死でしたね。「あれ? エフェクターボードに『ガッタス』のステッカーが貼ってある!」とか(笑)。

Q. どうしてこういう流れになったんだと思いますか?

劔:やっぱりパフュームがロックファンを取り込んだのが大きかったんじゃないですかね。あとはそれこそ「でんぱ組.inc」は一番振り切ったところまで行ったんじゃないかと。最近はバンドのヤツらにもアイドル好きが増えたし、「ももクロ」なんか女性ファンもスゴく多いですよね。いまはアイドルのライブ会場にオシャレな人も多いけど、昔は自分も含めて「この男たち会場ごと燃えちゃえばいいのに」と思うような場所でしたよ。


「でんぱ組 inc.」のライブ会場。

Q. ハロプロ」のファンは個性的な人が多かったですよね。ただのヲタなのにみんなに知られているみたいな(笑)。むしろ最近は、普通にカッコ良い人やオシャレな人も多くて、どこよりも人種のるつぼ感がありますよね。少し前までは、似ている格好をしている人同士は友達だという文化があったけど、いまは外見ではまったく見分けがつかないんですよね。ひとつの共通の話題のもとに色んな人種の人たちが仲良くなれるという意味では、実は世界平和の第一歩なんじゃないかって。

劔:ですよね。「でんぱ組.inc」のライブに行っても可愛い女の子が多くて、なんでかわからないけどだんだん悲しくなってきて…(笑)。でも、スゴく良い時代になりましたよね。



Q.
いままでアイドルのプロデューサーは男性だったけど、私は女のアイドルヲタだったから、そういうのを見て、「この子たちは大人の男たちにやらされているところがあるんじゃないか」ってスゴく気になっていたんですよ。「本当はこういうこと言いたくないんじゃないか」とか。だから私は、女のアイドルプロデューサーとして新しい何かを築きたいなって思っているんです。ヲタが憧れる神聖な花園を作りたいなって。


劔:そういう意味では、つんく♂さんとかは女心が分かっているなと感じます。あれだけ女性に囲まれているのに、お見合いで結婚したというのも、スゴく好感度を上げましたよね。有名人こそお見合い結婚するべきだと思いましたよ。

何を目指してやっていきたいですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード