ファンなら絶対押さえておきたい! 最強の村上フード大研究

ケトルVol.08は、「村上春樹」特集! ファンならとっくに気づいていると思うけど、村上作品にはいくつかの象徴的な食べ物が出てきます。そんな気になる食べ物を勝手にピックアップ。それにしても、春樹作品の食べ物ってなんでこんなにおいしそうなんでしょうね。

女の子のお父さんと仲良くなるにはキュウリは必須

『ノルウェイの森』で、ワタナベ君が入院中の緑の父を訪問したとき、なぜか緑の姉がキウイと間違えて買ってくるのがキュウリ。でも、彼は「キウイよりずっとまともな食べ物」と言い、キュウリをのりで巻いて醤油をつけて、お父さんと一緒にポリポリ食べてしまいます。女の子のお父さんと仲良くなるには、お酒よりもキュウリのほうが効果的なんですね。1人でキュウリを食べるなら、『1Q84』の青豆のように丸かじりがおすすめです。あと、『海辺のカフカ』のカフカ少年など、村上作品の登場人物がよく使う表現が「キュウリのようにクール」(英語の「as cool as a cucumber」からきています)。とにかく、ハルキストにとって、キュウリはとってもクールな食べ物なんです。

世の中へ不条理を感じたら ドーナツの穴について考えよう

村上作品の登場人物たちは、暇さえあればコーヒーと一緒にドーナツを食べます(そして、大抵ダンキンドーナツ)。また『羊をめぐる冒険』では 、1枚の羊の写真が大問題になるわけですが、「僕」はその理不尽な成り行きについて悶々とします。 でも、結局「ドーナツの穴を空白として捉えるか、あるいは存在として捉えるかはあくまで形而上的な問題であって、それでドーナツの味が少しなりとも変わるわけではないのだ」と納得します。不条理でも、大好きなドーナツに置きかえれば、 イライラも収まるってわけですね。ちなみに、村上さんご自身はダンキンドーナツが大好きで、同社の日本撤退を非常に残念がっています。ダンキンさん、村上ファンとして、ぜひ日本再上陸をお願いします!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケトル

この連載について

初回を読む
村上春樹が大好き!

ケトル

「無駄に価値がある!」がコンセプトの、雑誌『ケトル』。その毎号の特集をcakesで配信していきます。第8弾のテーマは「村上春樹が大好き!」。村上春樹作品の主人公は優柔不断だって言われることがあるけれど、寄り道して、いろんなモノを受け入...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード