金沢で現代アートと向き合う!「われらの時代:ポスト工業化社会の美術」展

北陸新幹線の開通により、観光地としての人気が増大している金沢。そんな金沢の市街地にある金沢21世紀美術館では「我らの時代:ポスト工業化社会の美術」と題した企画展が開催されています。スプツニ子!さんや金氏徹平さんといった日本の現代美術の最前線にいる10組が作品を出されているこの企画展。現代アートが伝えようとしている「我らの時代」を感じ取るためにも、訪れてみてはいかがでしょうか。

いままさに活気のある日本の街といえばどこか。それはもう金沢でございましょう。この春、北陸新幹線が開通して以来、街を訪れる人は激増。地元の方々も、ちょっとした祝祭ムードを味わっているようです。ある老舗旅館のオーナーは言っておりましたよ。これまでは関西方面からの宿泊客が主だったけれど、今年から首都圏からの客がそれを軽く上回ってしまったと。

そんな沸き立つ金沢の市街地に、金沢21世紀美術館はあります。2004年に開館してこのかた、高い人気と評価を誇っており、地域の新名所としてすっかり定着しておりますね。「21世紀」と掲げるだけあって、現代美術を取り上げることは多いのです。現在進行形で世界的に活躍するアーティストによる常設展示は、売りのひとつでございます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

reading_photo cakes連載「どこより早い展覧会案内」更新しております。 古都金沢の中心地に鎮座する、現代美術の殿堂。円いかたちが目印です。https://t.co/waCqGQq6wF 5年弱前 replyretweetfavorite