NHK英語の秘密 TOEICの謎

第1回】なぜNHKの英語講座は不変の人気を誇るのか

90年にわたり日本人の英語学習に寄与してきたNHK英語講座。少子高齢化で学習者数は減っているものの、いまだ講座テキストの販売部数は膨大で、英語学習者にとってバイブルであり続けている。現場潜入の独占取材で全貌を明らかにする。

 年間約1100万部──。驚異的な販売部数を誇るのが、NHK英語講座のテキストだ。

 英語以外のアジアやヨーロッパの言語の語学テキストも約500万部の販売部数を数え、合わせると約1600万部。まさに、テキスト業界の“モンスター”である。

 その基になるNHKの語学講座が産声を上げたのは、日本初のラジオ放送が行われた1925(大正14)年3月から、わずか4カ月後の7月20日のこと。この日に、「英語講座」がスタートした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

NHK英語の秘密 TOEICの謎

週刊ダイヤモンド

今年こそ英語を習得しよう──。そう意気込むあなたを待っているのは、膨大な数に上る学習教材や、多種多様な英会話スクールといった「英語の海」だ。目的に合わせて、迷わずに実力を上げるにはどうすればいいのか。本誌では三つの方法に絞って、これま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません