ITが教育を変えたら、何が起きるのか

グロービスでも教鞭をとる、「R30」こと川上慎市郎さんのマーケティング&マネジメント論。今回はずばり、ITと教育の関係です。どちらも昨年熱く語られたテーマで、米国での教育ベンチャーの設立などの動きがいよいよ日本にも波及してきているところです。いったいどんな変化が新年に起きるのか、川上さんがあざやかに分析します。


 昨年あたりからベンチャー界隈で「これからはこの分野だ」と熱く語られるようになっているテーマが、二つあります。

 一つは「ものづくり」です。こちらは「ロングテール」「フリー」などのベストセラーで知られるジャーナリスト、クリス・アンダーソンの新刊「メイカーズ」によって、大いに話題になりました。

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる
MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

 「メイカーズ」は、三次元プリンターやオープンソースの配線基板など、ITの活用によって巨額の設備投資から解放され、民主化される製造業の近未来を描いた本です。これらの動きは日本でもすでに現実のものとなりつつありますが、その話はまたいずれ。

 そしてもう一つのテーマが、「教育」です。

 教育分野におけるIT革命が話題になったのは、決して最近のことではありません。しかし、それが実際にどのようなもので、世の中にどのようなインパクトを起こすのかが比較的はっきりと見えてきたのは、おそらく2008年以降でしょう。
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
R30::リローデッド

川上慎市郎

グロービス・マネジメント・スクールでマーケティングを教える川上慎市郎さんが、若手ビジネスパーソン向けに、マーケティング、メディア、そして教育について、深くやさしく解説をします。かつて有名ブログ「R30::マーケティング社会時評」を運営...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません