chapter5-5 ボーイフレンドクラッシャー

Aフェーズがうまく行けば、デートに誘い出すのは簡単だ。彼から連絡が来なかったらどうしよう、と不安になるのはむしろ女のほうなのだ。玲子とのディナーがはじまった……。

 僕たちは、キリリと冷えたシャンパンで乾杯した。

「玲子さんについて、何か面白いこと教えてよ」

 すこし沈黙してから、玲子は僕の目を見つめて言った。

「じつはね、私つきあってる 男性 ひと がいるの。ごめんなさい」

 ディナーは序盤戦から山場を迎えた。つきあってる男がいるって? これは彼女が僕を拒絶しようとしているのか? そして、僕は引き下がり、彼女とお友だちでいようとすればいいのか?

 ノー、ノー。

 いい女が男なしで過ごすことはない。

 彼女たちは、次のよりいい男を完全にものにするまでは、いまの男を確保しておく。だから、男がいる女にアタックできないのだったら、ずっと並の女で我慢するしかない。そして、ある程度以上の女に関していえば、男がいるほうが、すぐにセックスに応じる確率は高くなる。なぜならば、将来の結婚相手としての男の資質を細かくチェックする必要がないからだ。今夜、僕といっしょにいれば、めくるめくセックスが楽しめるということをわからせてあげれば、それでいい。

「さっそく僕に恋の相談?」

 僕は余裕の笑顔で受け流す。

「そんなわけじゃないけど……」

「玲子さんがどんな 男性 ひととつきあっているのか、知りたいな。聞かせてよ」

 話を聞くと、どうやら同じ会社の男とつきあっているようだ。玲子は、自分の彼がいかに優秀で、会社の出世頭だということを話しはじめた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ぼくは愛を証明しようと思う。

藤沢数希

恋人に捨てられ、気になる女性には見向きもされず、非モテな人生をおくる主人公のわたなべ。ある日、恋愛工学と出会い、彼の人生は大きく動き出す……。 ファイナンス、経済学、エネルギー政策に関する著作をもち、リスク・マネジ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

larcfortdunord あっ、昔無意識にやってたことある('ω') 2年以上前 replyretweetfavorite

ren_lotush ここまでわかりすい解説があるだろうか > 2年以上前 replyretweetfavorite

umekida 長谷川玲子さんと知り合いたいのですが、どこにいますか。 2年以上前 replyretweetfavorite

black_coach_52 |ぼくは愛を証明しようと思う。|藤沢数希 @kazu_fujisawa |cakes(ケイクス) 改めて勉強になるなぁ。 https://t.co/VLWadXd8Hl 2年以上前 replyretweetfavorite