chapter5-3 Aクラスの女

ACSモデルを一通りテストして、僕の恋愛工学の水準は、大きな飛躍を遂げた。そして、Aクラスのターゲットに出会う……。

 8月の第3月曜日。

 僕は青木さんと、品川にある大空電機のオフィスを訪ねていた。日本有数のメーカーで、うちの事務所の電気関連分野の最重要クライアントである。

 弁理士の専門分野は、まずは機械、電気、化学に大まかに分かれている。機械はエンジンなどの発明を扱い、主に自動車メーカーがクライアントで、電気は様々な電子デバイスなどを扱い、日本の電機メーカーがクライアントとなる。化学は化学物質に関連する特許を扱い、製薬会社などがクライアントだ。そして、電気なら、半導体、通信、画像……などとさらに細分化される。

 企業の機密情報を扱う特許事務所は、利益相反が起こらないように、各分野でひとつのクライアントとしかビジネスができない慣習がある。たとえば、エンジンに関する特許では、トヨタと日産と同時に仕事はできない。トヨタ自動車の企業秘密が日産に筒抜けになっては大変だ。

 大空電機は、主にテレビに関連する特許をうちの事務所に頼んでいた。担当していたベテランの石崎弁理士が転職してしまい、青木さんは僕を後任にすることにしたようだ。

 サラリーマンをやっていると嫌な先輩や上司に当たることもある。石崎さんにはずいぶんと苦労させられた。しかし、仕事では、盗めるスキルのひとつやふたつは必ずあるものだ。1年や2年も我慢すれば、大体、転職や異動で嫌なやつはどこかに行ってくれる。

 会議室で待っていると、黒いスーツに身を包んだスラっとした美人が入ってきた。

 Aクラスだ。

「知財部の長谷川です」

「弁理士の渡辺と申します」

 僕たちはお辞儀をして名刺を交換した。

 長谷川玲子。名前と雰囲気がマッチしている。

「今月はたくさん出願があるんですが、大丈夫ですか?」

「任せてください。渡辺はうちの若手のエースですから」

 本心かどうかは知らないが、エースと呼ばれて悪い気はしない。

「それは頼もしいですね。これが発明資料のファイルです」

 長谷川玲子は説明をはじめた。主に映像処理のデバイスに関する発明だった。資料をパラパラとめくっていると、見覚えのある名前を見つけた。この分野の勉強をしていたときに、発想が斬新で印象に残っていた画像処理回路のエンジニアだった。あのエンジニアは、この会社で働いていたんだ。発明者からのヒアリングが楽しみだ。件数こそ多いが、僕が多少は明るい分野でもあり、なんとかなりそうだった。

 それから、エンジニアとの発明面談のスケジュールを決めた。来週の水曜日にミーティングすることになった。

 特許の出願業務では、メーカーの知財部の担当者と発明したエンジニアと弁理士で、まずは三者面談が行われる。このとき発明者のエンジニアにはじめて会うことが多いのだが、知財部が最初に持ってきた発明資料(大体が社内ミーティング用のパワーポイント資料の使い回しで、適当に作ったもの)とぜんぜん違う話が出てくる、ということもよくある。だから、この発明資料をあまりくわしく読む必要はなく、1、2時間ぐらいでサラッと目を通しておくだけで十分だ。

「来週の発明面談のあとに、すぐに明細書の作成作業に取りかからせていただきます」

 青木さんが言った。

 発明者からのヒアリングが終わると、弁理士はさっそく明細書と呼ばれる出願書類のドラフトを作りはじめる。これが弁理士の主な仕事だ。

「今回は、特別に緊急なものはありませんが、なるべく余裕を持って終わらせてください」

 長谷川玲子の言葉でミーティングが終わり、彼女が僕たちをエレベータホールまで送ってくれる。青木さんは他の部署の人に用事があるらしく、僕と彼女だけになった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ぼくは愛を証明しようと思う。

藤沢数希

恋人に捨てられ、気になる女性には見向きもされず、非モテな人生をおくる主人公のわたなべ。ある日、恋愛工学と出会い、彼の人生は大きく動き出す……。 ファイナンス、経済学、エネルギー政策に関する著作をもち、リスク・マネジ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

1988naoto 渡辺~カッコイイ!! 約2年前 replyretweetfavorite

goodblue980 悪名高き恋愛工学の人か。本筋と関係ないけど弁理士なめんな。 約2年前 replyretweetfavorite

ikari_shinichi 彼女の右目を見つめた。すぐに、左目を見つめ、そのまま身体をチラッと見てから、口元を見つめ、そしてまた右目を見つめた。女を発情させるために開発された視線の動かし方だ。 http://t.co/uREbPXi9UG 約2年前 replyretweetfavorite

pikarecycle37 |ぼくは愛を証明しようと思う。|藤沢数希 @kazu_fujisawa |cakes(ケイクス) ホントに面白い。 https://t.co/rpOmZ7YkwH 約2年前 replyretweetfavorite