ゼロ年代海外SF50選

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 2011年に新宿紀伊国屋で開催された「今読みたいSF100」をきっかけに大森さんが考えたSF100タイトルとは? 今回は「SF観光局」の第18回の一部を抜粋して再録します(SFマガジン2011年2月号より)。

「今読みたいSF100」のようなリストを見ると自分でも反射的に100タイトルを選んでみたくなるのはSFファンの性。ただし、まったく同じレギュレーションで選ぶと、00年以降に復刊・再刊されたタイトルが多すぎて選びきれないので、国内については、00年~09年に出た本(およびゼロ年代発表のSFを集めたアンソロジー)、海外については、00年~09年に邦訳または原書が刊行された本(復刊・文庫化は含まない)を対象にピックアップしてみた。

 その結果が、「WEB本の雑誌」のコーナー「NEWS本の雑誌」に掲載された、大森望選「ゼロ年代SF100」

 ごらんのとおり、『SFが読みたい! 2010年版』の「ゼロ年代ベストSF30」投票結果を見ている人にはとくに目新しいところもないと思いますが、やはりSFが盛り上がっているのか、ネット上では意外に反響が大きく、はてなブックマーク数が約500という「WEB本の雑誌」はじまって以来の最多記録(推定)を達成。ふだんSFを読んでなくても、とりあえずこういうリストをチェックしておきたいと思う人がけっこう多いらしい。

 さらに、公開から数日後には、自分が読んだ本にチェックして既読数と記録率を出す「ゼロ年代SF100チェッカー」も登場(浦高晃・作)、公開から一週間でのべ1900人がチェックしている。いちばん読まれているのは、「ゼロ年代ベストSF30」でも1位になった伊藤計劃『虐殺器官』で、既読率は50パーセント弱。以下、②冲方丁『マルドゥック・スクランブル』、③谷川流『涼宮ハルヒの憂鬱』、④チャン『あなたの人生の物語』、⑤イーガン『しあわせの理由』、⑥小川一水『老ヴォールの惑星』、⑦秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏』、⑧円城塔『Self-Reference ENGINE』、⑨伊藤計劃『ハーモニー』、⑩野尻抱介『太陽の簒奪者』、⑪飛浩隆『グラン・ヴァカンス』、⑫森見登美彦『四畳半神話大系』、⑬イーガン『万物理論』、⑭秋山瑞人『猫の地球儀』、⑮飛浩隆『象(かたど)られた力』……と続く。『ハーモニー』以外はすべて文庫化もしくは文庫オリジナルで、国内作品が強い。値段の関係か、やはり《奇想コレクション》《未来の文学》などの四六判単行本は既読率が低くなるようだ。

 この「ゼロ年代SF100選」は、紀伊國屋の「今読みたいSF100」が下敷きなので、前述『ハローサマー、グッドバイ』や《スタニスワフ・レム コレクション》の『ソラリス』『天の声・枯草熱』などの新訳復刊タイトルとか、《未来の文学》のラファティ『宇宙舟歌』、ベスター『ゴーレム100』、ウルフ『ケルベロス第五の首』『デス博士の島その他の物語』など、発表年の古い作品も入れてたんですが、ツイッターで「違和感がある」とツッコミ多数。たしかに、「ゼロ年代SF100」という括りで見直すと、あんまりおさまりがよくない。

 そこで、国内SFと同じく、「ゼロ年代に(原書が)刊行された本」に限定して、新たに「ゼロ年代海外SF50」(ただし邦訳のあるもののみ)を選び直してみた(短篇集・アンソロジーに関しては、ゼロ年代に発表された作品を一篇以上含むものに限る)。その50タイトルを原書刊行年(シリーズものの場合は邦訳最新刊の刊行年、日本オリジナル短篇集の場合は日本での刊行年)別に並べると、こんなふうになる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
大森望の新SF観光局・cakes出張版

大森望

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chessolaz わぁこういうの嬉しいなぁ。 4年以上前 replyretweetfavorite

Hayakawashobo 大森望氏によるSFマガジン誌上の人気連載、cakes出張版! 4年以上前 replyretweetfavorite