それでも僕は、外科医をやめない

医者が本気で考えた「5月病の治し方」

4月からスタートした新生活も息切れしてくる今日この頃、雨月氏も心の疲れを最近感じていたようです。今回の雨月氏は、医学書には書いていない病気「5月病」について、医者の立場から考察します。


5月もなかば過ぎとなりました。

私、雨月メッツェンバウム次郎は「5月病」になりました。

私は最近毎日7時間ほど寝ていますが、それでも昼間にはやっぱり眠いのです。それほど忙しくない日でも、夜には疲れ切って11時には倒れるように寝てしまいます。なんだか普段我慢できているような上司や手術のストレスが、ちょっと我慢できなくなってきました。

そしたら、後輩医師に言われました。

「先生、5月病じゃないすか?」

ムム、確かに……。



さて、私以外にも、「5月病」にかかっている人は多いのではないでしょうか。

「5月病」。医学書には書いてない病気ですが、ちゃんとその病気はあるんじゃないかと私は思っています。

年度はじめの4月にスタートダッシュをして、息切れしてくるのが5月。

医学的には、軽度の「抑うつ状態」であるか、「適応障害」だろうと思います。

こんな症状があると要注意です。

やる気がでない。仕事に行きたくない。毎日長い時間を寝ても眠い。食欲が落ちた。普段できていることが出来なくなってきた。

ひどくなると「仕事をやめてしまおうか」「自分には向いていないのではないか」など考えてしまいますね。

ですが、それはもったいない。

「五月病」は、新しい環境、職場や学校などに慣れるために避けて通れない「小さな山」なのです。

それは越えなきゃならない「山」ですが、小さいから誰だってカンタンに越えられるんですよ。

今回はこの「5月病」の治し方について、具体的にこの3つを提案します。


① 「5月病」は、「鎌倉」で治す

② 「5月病」は、「リストアップ法」で治す

③ 「5月病」は、治さない

順にお話ししたいと思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

i_n_m_16 「鎌倉」で治す…具体的なだけに、ありなのかも。5月病、広く定義すると新環境適応過渡期病? 4年以上前 replyretweetfavorite

Quishin 五月病は小さな山。鎌倉もいいけど新宿が近いなら箱根もいいよねー。 4年以上前 replyretweetfavorite

hori_kawa リストアップ方は簡単にできそう! 4年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon ①5月病は、鎌倉で治す。 ②5月病は、リストアップ法で治す。 ③5月病は、治さない。 雨月メッツェンバウム次郎@ugetsujiro https://t.co/F4W7YBv2pj 僕は、ココイチのビーフ納豆チーズ2辛を食べて治す。 4年以上前 replyretweetfavorite