接続された女」自分を殺して《神》になったアイドルのお話です

SFマガジン史上初のカバーガールとして衝撃のデビューを果たしたアイドル・ライターの西田藍が、海外SFの定番を改めて読み直し、その内容や感想を思うままに語る本誌連載のcakes版。今回ご紹介するのはある覆面作家が描く、科学技術で《神》=アイドルになった少女の恋と悲劇の物語。ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア『愛はさだめ、さだめは死』より、「接続された女」のお話です。

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアが実は女性作家だということは今では常識だ。初めて知ったときも、ジュニアなのに女性なんだ、ふーん、という軽い感想。なんで昔はそんなごちゃごちゃ色々あったんだろう、と思う。ふふふ。

この短篇集にはその昔あったごちゃごちゃ色々を示すある文章、ロバート・シルヴァーバーグによるティプトリー評が巻頭に載っている。謎の覆面作家、ティプトリー。「逃れようもなく男性的」「男にジェーン・オースティンの小説が書けるとは思えないし、女にアーネスト・ヘミングウェイの小説が書けるとも思えない。それとおなじ意味で、ジェイムズ・ティプトリー作品の筆者は男性だと、わたしは信じている」と書いてしまった3年後、彼女から手紙が届く。ティプトリーはアリス・シェルドンの筆名、どうかあまり気にしないで、と。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
にゅうもん! 西田藍の海外SF再入門

西田藍

2014年10月号のSFマガジン(売切御礼)において史上初のカバーガールとして衝撃のデビューを果たしたアイドル西田藍が、海外SFの定番を改めて読み直し、その内容を思うままに語る本誌連載がcakesにも登場です。紹介されるのは、幾星霜も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

iCharlotteblue この後半、ボードリヤール引用する場面だったんじゃないかって今気付いたんだけどインテリ美少女(wには程遠いな! 4年以上前 replyretweetfavorite

iCharlotteblue 際どくてボツにした写真がこちら>< #グラドル自画撮り部 無料で読めます♡ 4年以上前 replyretweetfavorite

kenigooon ケイクスってめんどくさくてホント嫌いだし全記事登録なしで読めるようにしやがれって思ってるんだけど、この記事はとても良い記事です。 https://t.co/cQ9bMjVxdh 4年以上前 replyretweetfavorite

wastedays “SFアイドル”が最初期のバーチャルアイドル小説を語っている。 4年以上前 replyretweetfavorite