本当に「フランス人は10着しか服を持たない」のか? パリの女子高生に聞いてみた

パリ在住の中村綾花さんは、東京を訪問した際に『フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~』という本の広告を見かけたのだそう。またパリのイメージを誤解されてしまうと考えた中村さんは、パリのオシャレさんがあつまるマレ地区へ出向き、そこで出会った女子高生3人からパリジェンヌのファッション事情についてインタビューを決行! パリの若者はどれくらいの服を持ち、どれくらいお金をかけているのでしょうか。

「10着しか持ってない」は言いすぎ!?

去年の暮れ、東京を訪問した時に地下鉄である本の広告を目にしました。『フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~』というものです。

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~
フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~

このタイトルを見て私は「うっそーん! またパリの間違ったイメージを信じる日本人が増えてしまう!」と背筋が凍る思いがしました。このタイトルは、まるで全てのフランス人が10着しか服を持っていないと言わんばかり。たしかにパリジャンたちは超節約家で、簡単にモノを買う人たちではありません。とはいえ「10着しか持っていない」……ってのは言い過ぎな気がします。

この本は、フランスに半年間留学したアメリカ人の学生が、パリのホームステイ先で垣間見た「パリジャン家庭の洗練された生活スタイル」を紹介するもの。原著タイトルは『Lessons from Madame Chic: 20 Stylish Secrets I Learned While Living in Paris』なのですが、日本語版では、作中の「ワードローブは10着に」に着目したタイトルになっています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ru0bdEEpVZJRXHT 憧れのフランス、勉強になるわ~*** 約1年前 replyretweetfavorite

suisenteikyohji 非常に興味深く、面白い。> 約1年前 replyretweetfavorite

kuma_kuma パリの女子高って、何年制なの~?w https://t.co/kVpEtrzGLX 2年弱前 replyretweetfavorite

matomotei パリでは、写真に写ってるお三方みたいな女子高生がゴロゴロしているに違いない!パリだし! 2年弱前 replyretweetfavorite