戦前でさえ「女は家にいろ」としつこく言われなかったイギリス

日本では現在でも出産・育児のために既婚の30〜40代女性の労働力率が下がり、グラフが「M字カーブ」になる現象が見られます。これに対して、イギリスのほとんどの女性は結婚しても仕事を辞めないのだとか。その理由とは? また、日本人とイギリス人、子持ちの女性に対する態度にどのような違いがあるのでしょうか?

イギリスでは「M字カーブ現象」はない

前回は、21世紀に蘇った国防婦人会みたいなブログに対する驚きを書きました。

ここイギリスでも、1970年代ぐらいまでは、女は家にいて、仕事はしない、やるとしたら教会のボランティアや婦人会の活動、というのが当たり前でした。世の中はぐんと変わり、いまや、家計の半分は女性が主な稼ぎ手です。

結婚してもほとんどの人が仕事をやめませんので、既婚の30〜40代女性の就労率がぐんと下がる「M字カーブ現象」はありません。これは、ドイツやスウェーデンなど北方欧州の国々と同じです。日本だと子供を持った女性の就労率は60%代に下がり、その多くは非正規雇用です。「M字カーブ現象」もはっきりしています。


女性の活躍状況の資本市場における「見える化」に関する検討会資料より(リンク

イギリスの場合、結婚しても仕事をやめませんので、当然母親は、家を一日中あけていますし、それは経済的に困っていない家庭でも同じです。一日中家にいたら飽きますし、自分の人生というものがあります。当然趣味や友達との付き合いも犠牲にはしません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

restart20141201 イギリスかぶれが外から、いや上から 日本のある層に「干渉」しているぞ。 5年弱前 replyretweetfavorite

hazkkoi ニホンの「湿度の高さ」には反吐がでる。梅雨の時期ならばなおさら。 5年弱前 replyretweetfavorite

sdfg158 “違い、ここでは膨大な数のチャリティー団体があるので、活動する場がたくさんあります。しかし、胡散臭い団体ではなく、戦前からやっているとか、政府の支援を受けて、行政の仕事の一部をやっているとか、そういう 5年弱前 replyretweetfavorite

cheshirecat0722 既婚子持ちじゃない場合も女には失礼なことを言ったり影で言ったりするよ 5年弱前 replyretweetfavorite