料理をレシピ通りに作ってもおいしくならない理由

料理はレシピ通りに作ってもおいしくできないーー。全ての出版業界を敵に回すようなマイケルの主張には、皆が納得できる「ある理由」がありました。ベストセラーとなった『英国一家、日本を食べる』の著者であり、フードジャーナリストのマイケル・ブースさんによる最新刊、『英国一家、フランスを食べる』の一部をcakesで特別にお届けします。
『英国一家、フランスを食べる』刊行記念トークイベントのお知らせ

著者マイケルが緊急来日! 本書やNHKアニメも好評放送中の大ヒット作『英国一家、日本を食べる』のウラ話、フランスの美味しいもの話……などを、ル・コルドン・ブルーのシェフとの対談スタイルで語ります!

日時:2015/6/8(月)19:00~20:30 (18:30開場)
会場:ル・コルドン・ブルー東京校 渋谷区猿楽町28-13 ROOB-1
申込方法:『英国一家、フランスを食べる』(1500円+税)整理券つき書籍を、 代官山 蔦屋書店 3号館1F料理フロア(イベント会場より徒歩1分)にて、事前にお求めください。電話予約・取り置き可(03‐3770‐2525)。

残席わずか! お求めはお早めに! http://www.asukashinsha.co.jp/news/n11555.html

料理番組に嫌気がさして


写真:MIchael Booth

自分が料理を知らないことを自覚してからもしばらくの間は、日曜大工が苦手な人がいるように、料理がうまくできなくても別にいいじゃないかと開き直っていた。でも料理は、棚のとりつけなんかよりずっと大切な仕事だ。タレントシェフの本に手を伸ばすたび、自分の素人っぽさを責められているような気がした。

僕のことをまっとうな料理人だと信じてくれる夕食会の客にほめられても、空しいだけだった。まっとうな料理人どころか、しがない詐欺師じゃないか。中産階級の食卓に並ぶような料理を、タレントシェフ本の簡単な手順に従ってつくるだけの、よくいる食通のひとりってだけだ。

テレビシェフを見ながら育った食通の多くがそうだと思うが、僕は「料理は手早く、簡単に、安くつくるもの」なんて考えに、いい加減嫌気が差していた。僕は料理を楽しみたかった。時間のかからない簡単な料理じゃなく、時間のかかる手のこんだ料理がつくりたかった。ハーブをさっと和えた魚をオーブンで15分焼くだけの料理や、10分でつくれるサラダ、クスクスやパスタ、「手でちぎって投げ入れる」式の料理にはもううんざりだ。

どんな料理番組も、料理嫌いをターゲットにしているように思える。でも料理のために労力をいとわない人はどうすればいいんだろう?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
英国一家、フランスを食べる

マイケル・ブース

イギリス人フード・ライターが、家族を引き連れて日本に100日にわたり滞在。各地を訪ねて日本料理を食べ尽くした異色のエッセイ『英国一家、日本を食べる』。アニメ化も果たした同作の著者マイケル・ブースの新作の舞台はフランス。なんと一流の料理...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

milkmanscc うむ、これは同意。だが「時短料理を考えるのは、実はすごく楽しい」という事実を筆者はまだ知らないのだな。> 約4年前 replyretweetfavorite

hiro2969 ぼくもル・コルドン・ブルー通いたいな。 約4年前 replyretweetfavorite