第28回】目標はそれに尽きる? セブン&アイ 鈴木敏文会長Q&A(後編)

10%への消費増税が延期され、衆院選も与党の大勝に終わった。そうした結果は、消費環境や今後の景気にどう影響するのか。国内小売り最大手であるセブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長に引き続き聞いた。

──消費増税後、消費者が二極化しているという声もあります。

 それは、いつの世の中でも起きることです。明日の食事を考えなければいけない層の人がいる一方で、より快適な生活を求めたいという層もいることは事実です。

──収入が高い客層を狙った企業が好調に見えます。

 目新しい商品を出した企業がもうかっているということです。衣料品は顕著で、去年の流行じゃ売れませんよ。私はよく社員に言うのですが、ネクタイは皆何本も持っています。でも、ネクタイはまた買いますよね。新しいものを求める客の心理は変わりません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
2015 総予測 ~日本と世界の明日はどうなる~

週刊ダイヤモンド

2015年はどうなるのか。多角的に予測する。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません