AWAKEの悲劇】4・ △2八角戦法登場

2勝2敗で迎えた電王戦FINAL第5局。頂上決戦として大いなる注目を集めた、阿久津主税八段と「AWAKE」との対局は、21手という異例のスピード決着となりました。なぜAWAKEはその実力を発揮できなかったのか。なぜ開発者の巨瀬亮一は投了を決断したのか。『ドキュメント コンピュータ将棋』著者・松本博文氏が、電王戦の結果を振り返りながら、人間とコンピュータとの戦いのあり方を問いなおします。完全書き下ろし。

 ここ3年、電王戦の開催記念イベントとして、大将のソフトにアマチュアが挑戦して、勝てば100万円がもらえるという企画がおこなわれている。

 2013年はGPS将棋がアマチュアの挑戦を受けた。
 条件は、パソコン1台。670台をつなげた電王戦本番のバージョンほどには強いわけではない。ただし、ソフトはフリーでダウンロードできるので、対策は立てやすい。
 結果はGPSから見て105勝3敗。運営側は3敗もするとは思っていなかったそうだが、挑戦するアマ側からしてみれば、この条件でこれだけしか勝てないというのは意外だった。

 2014年は、ponanzaが登場した。
 電王戦もこの年から、コンピュータ将棋側はマシンは1台だけとなった。100万円チャレンジでは、それよりはスペックの低いマシンが用いられた。これは、挑戦する側にとっては有利な条件である。一方で直接的な事前研究は難しい。電王戦本番ではponanzaは事前貸出で提供されていたが、当時のアマチュアでは入手できなかったためだ。
 結果はponanzaの166勝0敗。ponanzaが圧倒的な実力を見せつけることになった。

 そして2015年には、AWAKEがアマチュアの挑戦を受けることになった。やはりAWAKEも公開されていないので、直接的な事前研究はできない。前年同様、アマ側全敗でもおかしくないと思われていた。

 しかし、決定的な対策を用意していた人たちがいた。角交換四間飛車から2八の地点にスキを作っておき、そこに角を打ち込ませる作戦だ。後には一般的に「△2八角戦法」とも呼ばれるようになる。

 スマートフォンで利用できる対戦型将棋アプリ「将棋ウォーズ」ではponanzaやツツカナ(第2回、第3回電王戦出場ソフト)がbotとして動いている。それら強豪ソフトにも通用する作戦として、一部の熱心なプレイヤーの中では知られていた。
 自然な指し回しでソフト側の悪手を誘うことができ、相手に回避された場合でも、通常の作戦に戻すこともできる。角の打ち込みを誘うというアンチコンピュータ戦略の王道と集大成のような作戦である。後にこの戦法は大いに注目され、誰が指し始めたのかと取り沙汰されるようになるが、対戦サイト上で以前から指されていたのは間違いない。

 筆者はこの作戦の存在を、うかつにも知らなかった。知っていればもちろん研究して臨んでいた。AWAKEに通用するかどうかはこの時点ではわからなかったが、後には、対コンピュータでは汎用性の高い作戦だとわかった。

 AWAKE100万円チャレンジが始まり、例年と同様に、多くの挑戦者があえなく敗退していく。その中で、支部名人戦や赤旗名人戦などの全国大会優勝の実績を持つ、アマ強豪の木村秀利さんは、ねらっていた。秘策△2八角戦法をあたためていたのだ。

 ただし前提として、この作戦はこちらが四間飛車なのに対して、相手は居飛車のままでなければならない。その岐路は、早くも4手目で現れる。AWAKE側がランダムで選ぶ4手目で、振り飛車志向の手を指されると、文字通りお手上げなのだ。
 木村さんは運がなかった。AWAKEに4手目の段階で変化されてしまったのだ。早くも苦笑している木村さんを見て、多くの観戦者はその意味がわからなかった。

 解説の高見泰地五段も、
 「早速うつむいてますけど、どうしたんですかね。もしかしてちょっと、作戦に誤算があったんですかね」
 と、けげんな声をあげている。相振り飛車でも、△2八角の打ち込みを誘えなくはない。ただし、条件が違うので、あまりうまくいかないのだ。それを知らない木村さんではなかったが、あえてスキを作って、誘ってみた。

 「えっ、角を打たれちゃいますよ」

 解説聞き手の山口恵梨子女流初段が驚いている。その数手後、ついにAWAKEに△2八角と打ち込ませた。解説の高見五段も、すぐにはその意図をはかりかねていた。馬を作られたならば、後で角を合わせれば消すことができる、と常識的な解説をした。木村さんは、それ以上のことをねらっていたのだった。

 木村さんの構想は、残念ながらうまくいかなかった。AWAKEに一方的に攻められる展開となり、受け切れない。やがて終局を迎えた。
 この時点で木村さんがこの構想で勝っていれば、木村さんの名前は大きく取り上げられただろう。

 アマチュア側にほとんどチャンスを与えないまま、AWAKEは淡々と勝利を重ねていく。また今年も、アマ側全敗で終わるのだろうか、というところで山口直哉さんが登場した。
 山口さんは関西大将棋部OBで、アマチュア王将戦の全国大会優勝という実績を持つ。現在は強豪ひしめくNEC将棋部に所属している。将棋倶楽部24のレーティングは3000点を超える。早指しという条件であるが、これはプロレベルと言ってもいい。
 その山口さんは対局前、
「普通にやっても勝てないので、奇襲戦法で行きたいと思います」
 と語っていた。その奇襲戦法が、△2八角の誘導だった。

 山口さんは事前に、この作戦を徹底的に研究していた。木村さんのように、早い段階でAWAKEに作戦をはずされてはどうしようもない。しかし、山口さんには運が味方した。AWAKEは山口さんが待ち受けている作戦通りに指し進めていく。

「これはやはり、△2八角とは打てないんですよ」

 と高見五段がコメントする中で、AWAKEはその手を指した。

「打ったよ。打ちましたよ」

 山口女流初段がまたしても驚く中で、山口さんは間髪入れずに次の手を指した。観戦していた多くの挑戦者たちは、すぐに山口さんの作戦が的中したことがわかった。山口さんほどの実力者が、この先を研究していないはずがない。

「はまった可能性がありますよ」

 と高見五段。その通り、AWAKEは、きれいにはめられていたのだった。△2八角以降、AWAKEは数ある変化の中でも、さらによくない変化を進んでいく。

 完全情報ゲームの将棋は、運の要素がないと言われる。しかし、こと対ソフトという点では、そうとも言い切れない。山口さんはやはり、ついていた。AWAKEが山口陣に作った馬(成った角)はもう助からない。

 ただし、この馬を銀と桂、いずれと交換するかで、この先の展開は大きく違ってくる。銀との交換であれば、まだそれなりに指せるが、桂との交換しかできないのであれば、後に反撃の手段に乏しい。
 AWAKEが選んだのは、後者だった。

 局面は、大差になった。評価値に直せば、1000点前後の差だ。本来であればセーフティーリードというところである。しかし、相手は何しろ、最強ソフトのAWAKEである。どうしようもないと思われた形から、勝負の形を作ってくる。そこでレーティング3000点超の、山口さんの実力がものをいった。うまくいなして、玉を逃げ切り、コンピュータが苦手な入玉形に持ち込む。対コンピュータの作戦としては、完璧なフィニッシュである。

 AWAKEは相手の勝ちを読み切ると、無駄に指し手は延ばしたりせず、投了する設定にしてある。AWAKE側の玉がまだ詰んでいるわけではない、というタイミングで、AWAKEの投了が表示された。山口さんがAWAKEに勝利して、100万円獲得を決めた瞬間である。
 ニコニコ生放送上では山口さんの勝利を讃えて、絶賛と祝福のコメントで埋まった。

 山口さんの勝利により、この作戦は大きく取り上げらた。そして「△2八角戦法」とも、「山口システム」とも呼ばれるようになる。何しろ作戦の意図が明快であり、はまったときの効果はすさまじい。

 山口さん以降の挑戦者は、すぐにこの作戦を真似しはじめた。AWAKEが期待通りの順を指してきて、条件が揃った幸運な挑戦者は、100万円獲得に向けて大きく近づくことになる。

 これだけ明快な穴が見つかったのだから、ここから100万円ラッシュになるだろう。多くの人がそう思ったはずだ。しかし、そうではなかった。
 トップアマの武田俊平さんもいい条件に持ち込むことができて、勝利は確実かと思われた。しかしAWAKEがすさまじい力を発揮した。やがて最後には、ひっくり返してしまった。

 AWAKE100万円チャレンジの1日目が終わった。勝者は山口さん、ただ一人だけだった。

開発者側の選択肢

 AWAKE開発者の巨瀬亮一は、100万円チャレンジの会場にはいなかったが、ニコニコ生放送で、その模様はすべて見ていた。△2八角を誘われる穴については、多くの将棋ソフト開発者と同じように、これが初見だった。

 運営側からは、すぐに連絡があった。当面、翌日の100万円チャレンジ2日目(最終日)についてどうするか。なにしろ、1局敗れるごとに、100万円の出費となるのだ。運営側にとっては切実である。予算はそれほど多く取っていない。巨瀬はすぐに対処を要請された。時間的な余裕はない。そこでとりあえず、AWAKEが定跡形を指さない設定にすることで、なんとか乗り切ることにした。

 では1か月以上先の電王戦本番についてはどうか。時間的な余裕はある。しかしレギュレーション上、改良することはできない。巨瀬にとっては、不運なめぐり合わせだった。もしソフト提出前に知っていれば、当然対策を思いめぐらすことはできていた。しかし、レギュレーション上、改良が禁止されていては、もはやどうしようもない。

 巨瀬には後に、100万円チャレンジ以後、なぜ改良をしなかったのか、という批判が浴びせられることになる。しかしそれは筋違いというもので、上記の事情を踏まえていない。
 巨瀬が考えることができるのは、もしこの作戦を本番でやって来られたら、どうするかだけであった。そして開発者に与えられた選択肢というのは、いつ投了できるか、という一点だけである。

 100万円チャレンジの2日目、多くの挑戦者たちは、一夜づけで△2八角戦法を研究していた。アマはプロと違ってプライドがまったくないかといえば、そうとは言えない。他の人のアイディアを採用するのは気がとがめるし、また、普段は指さないアンチコンピュータ戦略そのものを潔しとせず、という人もいる。
 一方で現実的に実力差を考えて、△2八角を誘う以外の作戦では、ほぼ勝ち目がないと思う人も多いだろう。筆者もその一人である。

 開始から数局のAWAKEの序盤作戦を見て、前日の設定とは違うのではないか、という声が挑戦者の中から上がった。開発者の巨瀬が設定を変えたのだから、そうなる。ただし、そこで文句をつけるアマチュアはいない。あくまでも、ノーリスクで挑戦させてもらっている立場なのだ。4手目に作戦をはずされた挑戦者たちは、苦笑したり、頭を抱えたり、万歳をしたりと、それぞれにがっかりしてみせた。

 しかしながら、幸運な何人かは、△2八角戦法を誘導できた。筆者もその一人である。とはいえ、角銀交換に持ち込まれて、あっという間に逆転負けを喫した。筆者の棋力はアマ強豪とは言えないが、他の多くのアマ強豪も同様だった。
 前日の勝者である山口さんがトップアマとして、卓越した実力を持っているのは間違いない。しかしそれでも、山口さんの棋譜を見返してみれば、山口さんには運も味方していたことがわかる。

 結局、2日目には勝者は一人も出なかった。通算成績は、AWAKEの75勝1敗。これだけ明白な穴が見つかりながらも、わずか1敗で乗り切ったのはAWAKEの実力を表してあまりある、とも言える。
 しかしAWAKEが真に実力を発揮すべき、電王戦という大舞台ではどうなるのだろうか。
 AWAKEと対戦する阿久津は、100万円チャレンジでアマが指す前から、AWAKEを相手にこの指し方を試し、AWAKEが誘いに乗って、△2八角と打ってくることを把握していたという。

 100万円チャレンジ終了の1週間後、今度はponanzaに勝てばノートパソコンがもらえる、という企画があった。電王戦用のマシンで走るponanzaは△2八角を打ってこない。それは対戦相手の村山慈明七段が実際に試して、すでに確かめていた。
 しかし、それよりスペックの低いマシンで動くponanzaであれば別である。ニコニコ生放送で中継されることはなく、あまり注目されはしなかったが、△2八角戦法について研究を重ねたアマチュアの挑戦者の一人が、ponanzaに△2八角を打たせ、勝利を収めていた。

1か月半前の決断
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
ドキュメント コンピュータ将棋

松本博文

プロ棋士と互角以上の戦いを繰り広げるまでに進化した将棋ソフト。不可能を可能にしてきた開発者たちの発想と苦悩、そして迎え撃つプロ棋士の矜持と戦略。天才たちの素顔と、互いのプライドを賭けた戦いの軌跡。今日までのコンピュータ将棋に関する最前...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jian4fu1 "数日ほど考えて、巨瀬は結論に達した。もしAWAKEが△2八角を打たされた際には、相手の次の手が指された段階で、投了しよう、と。" 4年以上前 replyretweetfavorite

yasushia え、100万円チャレンジの二日目は設定変更したの?。それなのに本番は戻してやられたんじゃあ投げたくなるかもなぁ… 4年以上前 replyretweetfavorite

hositsumugi1120 mtmtさんのcakes【AWAKEの悲劇】後半 4・ △2八角戦法登場 http://t.co/nrwP8uAR71 5・投了のタイミングをめぐって http://t.co/KpftgMDKgB 6・2015年コンピュータ将棋選手権 http://t.co/RLYUjELcaq 4年以上前 replyretweetfavorite