chapter5-1 Aクラスを狙え!

もうBクラスの女を投網で捕まえるようなやり方は卒業だ。いい女を一本釣りする。

 何百人の女に声をかけて、たまたま自分に興味を示してくれたBクラスの女10人とセックスするよりも、狙ったAクラスの女ひとりとセックスするほうが圧倒的に難しい。無駄の多い絨毯爆撃ではなく、ターゲットをピンポイントで撃ち落とすためのより高度な恋愛工学のテクノロジーを、僕は習得しなければいけない時期に来ていた。

 恋愛工学の熟達マスタリーへの道は、理論の学習と実践演習のふたつが必要だ。永沢さんから新しい理論を学ぶ必要があった。


 7月の最後の月曜日に、永沢さんは、仕事のミーティングを兼ねて、赤坂の老舗ホテルのランチに招待してくれた。

 都心にあるとは思えない大きな日本庭園の中に、そのレストランはあった。夏だというのに、木々に囲まれ、どこか涼しげだ。とても高級そうな鉄板焼きの店だった。

 僕たちは、ミディアムレアの和牛のステーキやロブスターを楽しみながら、ビジネスの話をひと通りした。

 そして、いつものように話題は恋愛工学に移った。


 ACSモデルという、恋愛工学のフレームワークについての講義がはじまった。

「相手の女をディスったほうがいいときもあれば、ほめたほうがいいときもある。無関心さを装ったほうがいいときもあれば、好意をはっきりと示したほうがいいときもある。デートでは聞き役に回ったほうがいいときもあれば、しゃべったほうがいいときもある。セックスに誘わなければいけないときもあれば、まだ待ったほうがいいときもある。いつも正しいアクションを選ぶにはどうすればいいと思う?」

「じつは、そのことをずっと悩んでいました。その日の気分というか、直感的にやっていたんですが、もっとうまくやれる方法はあるんじゃないか、と」

「こうした判断を適切に行うためのフレームワークがACSモデルだ」

「ACSモデル?」僕は聞き返した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ぼくは愛を証明しようと思う。

藤沢数希

恋人に捨てられ、気になる女性には見向きもされず、非モテな人生をおくる主人公のわたなべ。ある日、恋愛工学と出会い、彼の人生は大きく動き出す……。 ファイナンス、経済学、エネルギー政策に関する著作をもち、リスク・マネジ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kuniken_817 舞台は恋愛工学の肝であるACSモデルの解説へと移る。> 2年弱前 replyretweetfavorite