安手のセクシーを引き受ける斎藤工は巧みだ

ドラマ『昼顔』で上戸彩さん演じる主婦との不倫カップルを演じ、一躍脚光をあびた斎藤工さん。「セクシーといえば斎藤工」というイメージを持たれ、現在放送中のドラマ『医師たちの恋愛事情』でもセクシーさを求められている斎藤さんですが、そういった世間のイメージをどう受け止めているのでしょうか?

「定時に帰社させてくれなさそうな有名人」松岡修造

「理想の上司」アンケートの男性1位が松岡修造という事実は、この手のアンケートがいかに実態に即していないかを教えてくれる。「上司になったら定時に帰社させてくれなさそうな有名人」というアンケートがあれば、私は票を買収してでも彼に投じるように仕向けるが、こういったアンケート結果を前に現実的な議論に持ち込むと、「まぁまぁアンケートなんだしさ」とすぐさまなだめられてしまう。「理想の上司」女性1位を6年連続で守り続ける天海祐希が、何だかんだで旧態依然とした役員サイドに迎合したら、部下の何人かは退社を心に決めると思うのだが、「どう思う?」と問い詰めても、「まぁまぁアンケートなんだしさ」と再びなだめられる。「上司として尊敬していたのに何だかんだで経営側のコマになりそうな有名人」というアンケートも必要だろう。誰に投票するかは未定だが、私は票を再び買収する。

今、とにかく無節操に「セクシー」との声を浴びる斎藤工は、「セクシーって結構、適当な言葉だと思ってて……」(『情熱大陸』)と、自分に向かう「セクシー」を分析している。自分が直接的にどのように見られているかを自分の感覚で捉え直し、そんなものは間接的な印象にすぎないと差し戻しているのである。イメージなんてその程度のものだという感覚を維持できているからこそ、「セクシー」「フェロモン」「抱かれたい」方面の言葉を悠々と引き受けるのである。

「こう見えて自分……」とイメージを転回させない

みなさん、テレビの前で耳をそばだてて欲しいのだが、素の表情を捉えようとする密着映像のカメラに向かって「こう見えて私……」「こう見えて自分……」と自ら前置きする人がいる。そうやって前置きして、一人カラオケに行ったり赤提灯の飲み屋に行ったりする意外性が強調される。これを素直に「意外!」と思ってはいけない。松岡修造が実際に上司になった時のことが事細かに議論されないように、こちらが投げるイメージなんて所詮イメージどまりなのだから、ならば、こちらのイメージをうまいこと利用する「こう見えて……」に頷いてはいけない。それこそ実態に即していないのだから。斎藤工という人は、イメージが所詮イメージどまりであることを熟知している人。だから、「こう見えて自分……」とは強調しない。

世から放たれる「セクシー」を素直に引き受け続ける壇蜜にしろ斎藤工にしろ、「自分なんてすぐに消費されますよ、ブームなんて今だけですよ」とネガティブに繰り返す。二人ともセクシーの成分から不倫臭が漂ってくるが、壇蜜が「殿方さま……」と自らその臭いを強める一方で、斎藤は自ら強めようとはしない。ただただそういう役でブレイクしたから、流されるままにその臭いを維持しているだけなのだ。「こう見えて自分……」と転回させることもしないので、安手の「セクシー」がどんどん積もり積もっていく。

自分がどう見られるべきかについて、業界っぽい煩悶がない
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

miterumiteru_yo これ これこれこれがいいたいのよ 武田砂鉄さんの痒いけど上手く言い表せないところにジャストミートな表現よ https://t.co/CSFxa6k3KN 2年弱前 replyretweetfavorite

shizuka110 タイトルホイホイですな。 約2年前 replyretweetfavorite

nnicasays たしかに動じてない感はある。// 約2年前 replyretweetfavorite

s_yut 頷きながら読んでる。確かにインタビューとかたまに読むと飄々としてるというか、捕らえ所のないこと言ってる印象はある。 約2年前 replyretweetfavorite