さよなら、意識高い系—vol.5

『「意識高い系」という病』で知られる常見陽平さんが、最近の意識高い系の動向に迫った連載もいよいよ最終回です! 「意識高い系」という言葉が広まる一方で、就活市場の変化や彼ら自身の限界に直面した「意識高い系」はおとなしくなってしまったと常見さんは指摘します。あなたの周りに生き残る「意識高い系」への対処の仕方、伝授します。

意識の高い学生(笑)の沈静化

 ついに、この短期連載も最終回。ドラマ『その男、意識高い系。』も終了。そういえば、先日、ある大学で講演した際も「あのドラマの大ファンなんです」と女子学生に言われて感激した。「意識高い系」という言葉が広がって、私は嬉しい。最近では、私の意識高い系の本が学術書に引用されているのも発見し、嬉しいやら申し訳ないやらという気分になったりもしている。
 最終回は、「意識高い系」の限界、および対処法について考えることにしよう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
意識高い系」ハルマゲドン—現代社会の勘違い野郎への処方箋

常見陽平

「意識高い系」という言葉をご存知ですか? それは、向上心は高いが何か空回りしていて、実力・行動・結果が伴わず、しかもそれに気づいていない「人生の遭難者」を指すネットスラング。この春から、NHK BSプレミアムで「意識高い系」を題材にし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

koutaotani 愛かコスパかって、まさに常見さんのこれと同じと思う。「君の葬式って何人来てくれるのかな?」…メリットデメリットとかの問題じゃなくて、誰にも看取られないってのはやっぱりキツい。 4年以上前 replyretweetfavorite

YUKI011407 意識高い系への「最強鬼畜フレーズ」 4年以上前 replyretweetfavorite

RieDorji ブータンでも最近の若者の中にまれに意識高い系がいる。彼らはまだ「世の中は、地味な努力で動いている」事を知らない。 4年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 意識高い系、最強鬼畜フレーズ 君の葬式って何人来てくれるのかな? 要するに、君の強みって何? 読書して、業績はどれだけ上がったの?本読んでも仕事できないのはなぜ? それ前にも他の人から聞いたことがある。君は何が言いたいの? https://t.co/uyf3dpVtAe 4年以上前 replyretweetfavorite