会社は「人」がすべて—「すごい人」が「すごい人」を引き寄せる

日本で莫大なユーザー数を誇るメッセージ・アプリ「LINE」などを提供しているLINE株式会社の元社長、森川亮さんが「いい人材」を採用するための理念を明かします。森川さんが「大量採用は絶対しません」と言い切る理由とは?

 企業とは人の集まりです。

 どんな人が働いているかによって企業文化は決まり、企業の盛衰は決まります。

 だから、企業にとって採用はきわめて重要だと、僕は考えています。「いい人材」を採用することができなければ、どんなに立派な企業理念を掲げていても、どんなに豪華なオフィスを構えていても、どんなに精緻な戦略を練り上げても、いずれその企業は衰退する。それが現実です。

 人間と同じです。たとえば、人間は食べ物が大事。どんなに熱心にジムに通ってトレーニングをしても、身体に悪いものを食べていれば健康にはなれませんし、身体の調子が悪いときに薬だけに頼っていても 根治 こんち はしません。食生活を変えなければ、健康を取り戻すことはできない。何を身体にとり入れるかがいちばん重要なのです。

 だから、LINE株式会社はきわめて慎重に採用を進めています。

 まず、大量採用はしません。なぜなら、数を求めると質を犠牲にせざるを得ないからです。「お金」や「出世」や「企業ブランド」をモチベーションにする人、すなわち「ユーザーのニーズに応える」こと以外をモチベーションにする人が紛れ込んでしまう。これが、非常に危険です。

 何事も量が質を決めます。「間違った目的をもつ人」の割合が高くなると、徐々に企業文化が変わり始めます。「ユーザーのために」とがんばっている社員たちがやりにくい雰囲気が生まれる。なかには、自分の出世のために、結果を出している社員の足を引っ張るような人物も現れる。すると、それを察知した優秀な社員たちは会社を去り始め、気がついたときには「ダメな人」が大勢を占める会社になっている……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シンプルに考える

森川亮

LINE株式会社で代表取締役社長として、世界数億人のユーザーに利用されるグローバルサービスに育て上げてきた森川亮氏。15年3月に代表取締役社長を退任し、顧問に就任した。そんな氏が仕事の流儀をはじめて明かした著書『シンプルに考える』が5...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

dskuzumaki 「すごい人」は、本能的に相手の素質を見抜く 4年以上前 replyretweetfavorite

tetsuokobayashi 会員登録ページに移る前の段階で強く同意 > 4年以上前 replyretweetfavorite

nammoji 森川氏に魅かれる 4年以上前 replyretweetfavorite