熱」こそが成功の条件である—使命感をもってユーザーのために尽くす

2010年末、「スマートフォンに特化したサービスを開発しよう」という掛け声のもと、社内で選抜された少数精鋭のチームができました。後にLINEと名づけられるメッセージ・アプリを開発したチームです。彼らはどんな「熱」を持って、開発に取り組んでいたのでしょうか。そして、当時社長だった森川亮さんが見た忘れられない光景とは?

 忘れられない光景があります。
 2011年3月末──。
 東日本大震災の直後、社員の安全を最優先するために東京オフィスの閉鎖を決定。僕たち経営陣は福岡オフィスで業務を継続するとともに、社員の安否確認を続けました。そして、震災後の混乱が収まりつつあった2週間後、業務を再開すべく東京オフィスを再開したときのことです。

 正直に言うと、僕は心配していました。震災後の心労でみんな疲れているのではないか、と。しかし、それはまったくの杞憂でした。みんな待ち望んでいたという様子で、すごい集中力で仕事を始めたのです。僕は、その様子に目を見張る思いでした。


 そのなかに、LINEのプロジェクトに携わっている面々がいました。2010年末、「スマートフォンに特化したサービスを開発しよう」という掛け声のもと、社内で選抜された少数精鋭のチームです。彼らは、市場調査を踏まえて、「スマートフォン・ユーザーが求めているサービスは何か?」について検討を重ね、「ゲーム」「写真共有」「コミュニケーション」の三つにテーマを厳選。さらに、このなかからどれかひとつに絞り込んでプロジェクトに着手しようとしていました。

 ところが、その矢先に震災が発生。彼らは、震災での自らの体験をもとに議論や分析をさらに深めていきました。そして、いま求められているサービスは、「クローズドなコミュニケーションだ」と確信。後にLINEと名づけられるメッセージ・アプリの開発に着手したのです。


 おそらく、震災後、彼らは、家族や親類や友人たちの安否確認に心を砕いたはずです。電話、メール、SNS……。あらゆる手段で連絡をとろうとした。そして、一部のネットリテラシーが高いユーザーだけではなく、「誰もが使いこなせる、もっと便利なメッセージ・サービスが必要だ」と切実に感じたに違いありません。

 だからこそ、世の中が求めているサービスを明確にイメージできたのでしょう。一分一秒でも早くそれをカタチにして、ユーザーに届けなければ……。そんな使命感に突き動かされていたのではないかと思います。メンバーの多くは、ほとんど家に帰らずに仕事をしていたようです。いま思えば、このときの「熱」が、そのままLINEの成功につながったように思います。


 僕は、彼らの方針・ビジョンには一切口をはさみませんでした。

 なぜなら、意味がないからです。

 社長である僕の仕事は、自分よりその分野に強い人に仕事を任せること。その人がリーダーとなり、必要なメンバーが集まって全力でプレーをしている。そこで、僕が何を言っても邪魔になるだけです。

 いわば、彼らはサッカーのピッチに立って、パスを回しながらゴールを目指して全速力で走っているフォワード。ピッチの外にいる僕が、「右足で蹴れ」「シュートだ」と指示を出すことに意味があるでしょうか? プレーヤーはそんな声を聞いてはいませんし、むしろ、聞いてはいけない。その瞬間にプレーが止まってしまうからです。

 それに、ゴール前の判断は〝動物的な勘〟が頼りです。一瞬の間隙を縫って、シュートを放つ。フォワードには、その瞬間のために神経を研ぎ澄ませてもらわなければなりません。余計な雑音で、その邪魔をしてはいけないのです。

 僕の仕事は、彼らの邪魔をするものを取り除くこと。そして、何か必要なものがあれば用意すること。彼らの「熱」を守ることこそが、最大の使命なのです。


 僕の理想はシンプルです。

 現場はひたすらユーザーのために全力を尽くす。

 経営は、現場が仕事にとことん集中できる環境を守る。

 それが、僕が長年思い描いている理想です。そして、その理想的な状態のなかでLINEは生み出されたのです。


次回「仕事は自分でとりにいく—『やりたいこと』を仕事にする」、5/15(金)更新予定です。


LINE株式会社元CEO、C Channel株式会社を起業した森川亮氏が初めて明かす「仕事の流儀」!
『シンプルに考える』、5/29(金)発売予定です。

シンプルに考える
シンプルに考える

この連載について

シンプルに考える

森川亮

LINE株式会社で代表取締役社長として、世界数億人のユーザーに利用されるグローバルサービスに育て上げてきた森川亮氏。15年3月に代表取締役社長を退任し、顧問に就任した。そんな氏が仕事の流儀をはじめて明かした著書『シンプルに考える』が5...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pigchin LINEて、震災からなんだ。 約3年前 replyretweetfavorite

nohha019 激しく同意。 3年以上前 replyretweetfavorite

shigwaio 「ひたすらユーザーの為」か。後は素直にそう思える分野なのかどうか。 3年以上前 replyretweetfavorite

harada こういう経営者がこれからの社会を創るのかもしれません。 1から10まで自分で口出しして現場のやる気を失わせる不毛なことをやっている人もまだまだ多いようです。... http://t.co/KFmpGpHZHl 3年以上前 replyretweetfavorite