ハロー」「グッバイ」なら英語のままわかるぜ!

英語を流暢に話したい…… 多くの日本人が持つ願望でしょう。今日は、いったいどんな勉強をすれば、英語を流暢に話せるようになるのか、つまり「英語を英語のまま理解する」には、どんな学習が必要なのか考えてみたいと思います。

 「ハロー」とか「グッバイ」くらいは英語を全く知らない人でも言えるものです。つまり考えようによっては、「ハロー」と「グッバイ」に限って言えば、日本人のほぼ全員が、「英語を英語のまま理解している」と言うこともできるわけです。

 なぜこの2語は英語のまま理解できるのか? それは日本人のほぼ全員が、この2語を暗記しており、何度も聞いたことがあり、なおかつ海外旅行などで外人に会った時などに、実際に使ったことがあるからです。つまり「暗記」、「インプット」、「アウトプット」の3つが十分にこなされている表現と言ってもいいでしょう。つまり、英語を英語のまま理解するには、他の単語や言い回しや表現が、全部この「ハロー」「グッバイ」と同じくらい瞬時に出るように英語のままでるようになればいいわけです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
使える英語」を手にしよう!

松井博

中高大と10年も勉強するのになぜかいっこうに使えるようにならない日本人の英語。どうやって勉強すればいいの? アメリカでの子育て、保育園経営、アップル本社勤務、33歳からの妻の英語習得を通じて得た英語獲得をノウハウを惜しみなく公開します!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

100nasu 『〜ただ何度も音読して、教科書を丸暗記してみてください。能書きはそれからです。』⇒◆ 約4年前 replyretweetfavorite

porpor35 これは折に触れて読み返したい記事。「英語を英語のまま理解する」ことを追い求める。→ 約4年前 replyretweetfavorite

Matsuhiro 今日は「英語を英語のまま理解する」ことについて。 約4年前 replyretweetfavorite