開沼博「福島の『そーなんだ!』をたくさん書いた」

上野千鶴子さんをゲストにお招きして行った『はじめての福島学』刊行記念のトークイベント。著者である開沼博さんによると、福島のお年寄りが困っていることと、東京のお年寄りのそれは同じなのだそうです。一体その内容とはなんでしょうか。さらに上野さんからは、原発はふるさと振興の手段だったというお話も飛び出して……。

開沼博(以下、開沼) あの、ちょっと気になってることがあるんですが、聞いてもいいですか?

上野千鶴子(以下、上野) どうぞ。

開沼 上野さん、足、どうかされたんですか? なんかサポーターしてらっしゃいますね。

上野 スキーで転びました。よたよたと会場に入ってきたのはね、開沼さんが若くて私がババアだってだけじゃないんですよ(笑)。私、いま膝を故障しておりまして。

開沼 それは大変ですね。しかしお元気な(笑)。

上野 以前、骨折した時に、某所で松葉杖ついてたら「どうしたんですか」って聞かれて、「スキーで転んで」って言ったら「いやー、お年ですし大変ですね」って話になって。

開沼 ほう。

上野 それが、どうも話がかみ合わないなと思ってたら、向こうの人は私が「敷居(シキイ)で転んで」って言ったと聞き間違えてたらしくて。

開沼 なるほど、大違いじゃないですか(笑)。そちらのほうがご年齢にふさわしいのかも知れない。

上野 懲りずにまた大転倒をしましてこの状態なんですが、本日は開沼さんの『はじめての福島学』のお話ですから来ないわけにはいかないと思ってまいりました。

開沼 ありがとうございます。

福島学が他のご当地学と違うところ

上野 開沼さん、やはりタイトルが気になるのだけれど「福島学」が他のご当地学と違うところはどこですか?

開沼 やはり原発被災という未曾有の災害・危機を取り扱っている点が大きいと思っています。そこに重きを置いて、「数字」と「言葉」の往復をしながら3・11を経験した福島についてまとめています。

上野 それだと福島というくくりは大きすぎませんか? 被災の度合いは地域差が大きいから、もう少し個別にみていかないとその違いがわからないのでは?

開沼 ええ、上野先生のご指摘通り、そうした理由から、例えば、福島を「いわき学」とか、「双葉学」などのように地域別にわけてみていこうという議論もあります。

上野 急に「先生」って言わなくていいわよ。

(会場笑)

開沼 あ、つい(笑)。この場なんで、いまは無理して「上野さん」って言っているんですが、裏では「上野先生」といつも言っているもので。

上野 今は社会学者として同業ですから。

開沼 はい、それで上野さんの提案の他にもこの学問の名前に関しては様々な意見がありますね。僕が関西の講演でいわき市出身の学生から提案されたのは「3・11学」でした。

上野 3・11学?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
容赦なき師弟対談—上野千鶴子×開沼博

上野千鶴子 /開沼博

かつて開沼博さんが学生時代に通っていたゼミの教授で、今も師として尊敬している社会学者の上野千鶴子さん。師弟のような間柄のお二人が、cakesの人気連載『俗流フクシマ論批判』をもとに書籍化した『はじめての福島学』について語り合いました。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

suisenteikyohji とりあえず、シェアのみ。もしかしたら、後で何か書くかもしれない。> 5年以上前 replyretweetfavorite

chappiekun 地方が抱えている過疎。“原発はふるさと振興の手段だった” 面白かった。 5年以上前 replyretweetfavorite

consaba 福島学が他のご当地学と違うところ 5年以上前 replyretweetfavorite

warakoichi 「『福島学』が他のご当地学と違うところはどこ?」と上野さんの質問に答えていく第2回対談がアップされました。容赦なき師弟対談――上野千鶴子× 5年以上前 replyretweetfavorite