​アメリカでは何歳になっても「恋愛現役」

日本では、20代、10代で需要のピークを迎え、30歳でも恋愛適齢期を過ぎた「売れ残り品」として扱われてしまう女性たち。しかし、アメリカでは、男女ともにいくつになっても恋愛現役で、様々な年齢での恋愛パターンが見かけられるのだとか。今回は、渡辺由佳里さんがアメリカで遭遇してきた様々な恋愛たちをご紹介します。

85歳の父親が90歳の女性と恋愛?

友人の義理の母親が80歳で亡くなった。友人家族が心配したのは、残された85歳の父親のことだ。60年の結婚生活の間(家族が知る限りは)一度も浮気せず、仕切り屋の妻に頼りきっていた人だ。落ち込んでしまって、すぐに後を追うのではないかとも思われたくらいだ。

ところが、半年後、老人施設に入所していた父親に恋人ができたのである。 「しかも年上の女性なのよ!」友人は笑いながら私に報告してきた。

「大事な人ができたので、お前たちにも会ってほしい」と老いた父親から告白された子どもたちは、女性をディナーに招待した。彼女は90歳の元学者。ウイスキーをストレートでぐびぐび飲み、政治、経済、科学、どんな話題でも独自の見解を持ち、豪快に笑う。専業主婦だった亡き母親とはまったく違うタイプだった。

友人が「お父さん、急に若返ったみたい」と不思議がっていると、「性的衝動はすべての男の原動力さ」とそのご主人がニヤニヤしながら説明した。「いい年してみっともない」なんて批判は誰からもまったく出てこない。 家族たちは大好きだった母親が亡くなってすぐに別の女性と付き合い始めた父を責めるどころか、「お父さんを元気にしてくれてありがたい」と大歓迎。かくして「家族公認カップル」が誕生したという。

日本とアメリカで異なる「恋愛適齢期」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

YukariWatanabe ちょうど1年前のコラムらしいです>| 4年弱前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe 「なんでもあり!」の 5年弱前 replyretweetfavorite

gshibayama 若者は数ヶ月で相手見つけて退会するらしいが、シニア層は長く会費を払う 5年弱前 replyretweetfavorite

pommeblanc いいねー! 5年弱前 replyretweetfavorite