十の夢

第4回】ARをさらに「拡張」していく

ビームから始まった、川田十夢さんとARをめぐるお話。最終回では、未来のARの一端をお見せします。福島で川田さんが企んでいることとは? もう、ARが出現するのにマーカーは必要ない? 「検索窓」を「拡張」する? 川田さんと一緒に、ARの可能性について考えていきましょう。

 希望の輪郭を、ARのクレヨンで描く

川田十夢(以下、川田) 僕はいま、福島の復興をARでお手伝いできないかと考えているんです。

—放射能関係ですか?

川田 たしかに、原子力発電所の事故が起こったあと、AR三兄弟には、放射線を可視化してほしいという声がたくさん届きました。でも、僕は恐怖を可視化しても仕方ないと思ったんです。もっと、ARは違うことができるはずです。それでここは、放射能よりクレヨンだなと。

—クレヨン、ですか。

川田 希望の輪郭を描くクレヨンです。「未来にこういうものがあってほしい」というような輪郭を描くと、空間に情報としてタグづけされるシステムをつくるんです。学校とか、観覧車とか、なんでもいい。いろんな人が線を引くと、きっと線が重なるところが出てきますよね。それはみんなの希望です。

—あぁー!

川田 で、30年くらいしたら、本当に実現している建物が出てくるでしょう。それを描いたかつての子どもが、輪郭のアーカイブを見ながら「これを本当につくったんだぞ」と言える。そうなったらすてきじゃないですか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
十の夢

川田十夢

開発ユニット「AR三兄弟」の長男として、アイデアと技術を組み合わせ、ユニークな作品を発表してきた川田十夢さん。目からビームが出たり、透明人間になれたりと、まさに「夢」のようなことを実現する「AR(拡張現実)」とは、いったいなんなのでし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません