それでも僕は、外科医をやめない

男性ナースがオネエっぽくなる件について考えた 〜「性別」がオワコンになる時代〜

あなたの周りにナース(女)はいても、男性ナースという存在はなかなかいないのではないでしょうか。マイノリティである男性ナースを考察した今回。雨月氏は、職業を性別でわける無意味さを、我々に問いかけます。しかし、これを読んで「私は男性ナースだが、このような傾向はない!」というクレームは真摯に受け止めますので、行き過ぎた表現は、平にご容赦ください。


こんにちは。外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

さて、今回は「男性ナース」という職業の人々についてお話をしましょう。

もともとナース、つまり看護師という職業は、女性のやる仕事でした。

病める人の世話をし、医者がやる治療の手助けをする。仕事の内容も、男性より女性が得意とするような内容で、女性のきめ細やかさがなければ難しい仕事と思われています。

でも最近、看護師という職業を選ぶ男性が、実は年々増えているのです。


全国に110万人いる看護師のうち、男性ナースの数は6万3千人です(平成24年度、日本看護協会HPより)。

10人に1人よりはすこし少ないでしょうか。病院の一つの病棟には看護師は25人くらいいますから、各病棟に一人か二人は男性がいるような計算になります。私の勤務する病棟でも、二人の男性ナースがいます。

私はこれまで、20人くらいの男性ナースに会い、一緒に仕事をしてきました。

そんな彼らから学んだこと、驚いたことをお話したいと思います。

ナースの世界って、男性が増えているといってもまだ9割が女性の「女の園」です。ですから、男性ナースは完全にマイノリティ。例えばこんな感じ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shi_hou10 古いってか固いってか偏見に満ちてるってか。 4年以上前 replyretweetfavorite

cpiiciva 多少同意できない面もあるが言いたいことはわかるけど,性的嗜好とかオネエ(彼の定義では=ゲイなんでしょう)とか用語を使われると,内容よりも何とも言えないもやもや感が耐えられない。この人のコラム自体は面白いんだけどね。 https://t.co/EoHbnpo1PX 4年以上前 replyretweetfavorite

unnaturalwoman |それでも僕は、外科医をやめない|雨月メッツェンバウム次郎 @ugetsujiro |cakes(ケイクス) 性的嗜好……。 http://t.co/rzdnk5buCV 4年以上前 replyretweetfavorite

Pinkieyuka これ納得!新任の看護部長が男性でしたが、まさにそんな感じだった。女性社会で生き抜いて来たが故ですね。 ⇒|それでも僕は、外科医をやめない cakes http://t.co/5TArpGFaJJ 4年以上前 replyretweetfavorite