ネプチューン名倉潤を終電まで語り尽くす必要性

今回のテーマは、お笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤さん。潤ちゃんの愛称で呼ばれ、司会業なども含め多くの番組に出演し活躍していますが、「なぜ名倉潤は語られないのか?」と武田砂鉄さんは提議します。『しゃべくり007』での独特な存在感、タイ人のモノマネにある違和感など、その微妙なポジションを徹底的に語りつくします。

課長は部下からじっくり査定されている

上司が部下を会議室で査定するように、部下は上司を居酒屋で査定している。これまでの見聞きを平均化すると、社長をはじめとした役員の査定は最初の1杯くらいで終わる。つまり、場慣らし程度だ。議論が盛んになるのは、課長クラスについて。ここが長い。各セクションに点在する課長クラスをじっくり査定していくのは、アイドルグループの推しメンを決めるのに似て、議論が長期化する。

「顔は好みなんだけど、スタイルがちょっとね」という偉そうな推しメン査定と同様に、「仕事はできるんだけど、人望がちょっとね」という偉そうな推し課長査定が、やがて「こないだ天丼を驕ってもらったんだけど食べ方が汚くて最後は衣だけになってた」や「毎年やり取りしている年賀状を並べてみたんだけど、年々、娘さんが課長に似てきてかわいそう」といった、明らかな査定外案件が査定に盛り込まれていくことになる。

人はテレビのことを終電まで語らない

役員のように、会社に1人か数人しかいないポジションについては、イエスかノーかで査定が済まされやすいが、会社に何人もいる課長クラスは議論が延々とループしやすい。年齢の近い職場の仲間と繰り返し飲めば、当然ながら近しい世代に対する愚痴はこぼせないから、最近の課長トピックスを提出し合う「課長ループ」が毎度の酒のつまみになる。結論など出ずに、「あれ、もうこんな時間」を繰り返している査定飲み会の議題は、課長に握られる。そもそもワタシ、会社員じゃないくせに、飲み会も滅多に行かないくせに、ひとまず断定してみる。

議論が長引くと、議論は「中堅どころ」に行き着く。大御所と新人は常に真っ先に論じられるからこそ、逆に、議論が深まらない。テレビに出ている人について、終電まで語り尽くすことはない。そうなると、テレビに出てくる人について論じられるのは大御所と新人、或いは突出したムーブメントくらいに限られる。「マツコ・デラックスはなぜ流行る?」が未だに鮮度を持ってニュース記事になるのは、人はテレビのことを終電まで語り尽くさないからである。

名倉潤は語られなさすぎているのではないか
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

roserougeparfum すごく分かる。良さを見つけてあげないとかわいそうみたいな気さえしている。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

sangoworld これ読んで思った 約4年前 replyretweetfavorite

s115_d718_p69 サブカルかぶれの私にはいつまでも「満里奈の旦那」なんだよなあ。 約4年前 replyretweetfavorite

miho7265n https://t.co/dV85U5ts9R|ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜|武田砂鉄 |cakes(ケイクス)ずっと思ってたことが書いてあった(面白くないとは思わんけど)。番組中、無意識に名倉の顔色伺ってしまう 約4年前 replyretweetfavorite