割り込むチカラが大事なのだ!

長年勉強しても、なぜかなかなか上達しない日本人の英語。なにが足りないのか真剣に考えてみました。

英語の学習というと「とにかく文法が大事だ!」といった感じの学習重視派の人達と、「いや、日本人に足りないは会話の実践訓練だ。とにかくしゃべって慣れるのが大事だ!」という慣れ重視派の人たちがいます。受験英語などは、典型的な学習重視のアプローチだといえるでしょうし、一方、たとえば今流行りのフィリピン留学の大半は、後者の「慣れ重視派」の流れをくんでいるものともいえるのではないでしょうか? 日本人に足りないのは実践なのだから、とにかく1日7、8コマの会話練習をひたすら続けて場慣れすれば、しゃべれるようになるのだ、という考え方のようです。

 この「慣れ重視」という考え方が正しいのなら、例えばアメリカ在住10年だと全員ペラペラになるはずです。ところが現実にはそんなことはありません。在米3年程度でも驚くほど流暢な人もいるかと思えば、10年、あるいは20年住んでいても驚くほど下手なままの方もいるのが現実なのです。中には40年住んでいたってカタカナ英語を脱却できない人さえ存在するのです。「慣れ」がそれほど万能ならば、いったいどうしてこのようなことが起きるのでしょうか?

いったい誰が何に慣れたのか?
 仮に「慣れ」には一定の効果があるとしましょう。この場合、誰が何に慣れた結果、効果が上がったのか考えてみる必要があります。考えられるケースをいくつか挙げてみましょう。

1) 英語学習者が場慣れした。(極端に緊張しなくなった)

2) 英語学習者が、とりあえず単語を並べたり、つたない表現を繋いでなんとか意思を通じさせることに慣れた。

3) 英語学習者が、あまり通じないことになれ、とりあえず通じる範囲だけで過ごすことに慣れた。

4) 英語学習者が、言いたいことを我慢したり諦めたりすることに慣れた。

5) 英語を聞かされている方が、英語学習者の誤った発音や言い回しから意味をくみ取ることに慣れた。

 これらのケースは、いずれも在米日本人の大多数が、どこかの段階で遭遇する事例です。僕自身もこれら全てを経験しました。なぜかホストファミリーやフィリピン語学学校の先生には通じるのに、あまり親しくない友達や赤の他人には通じなかったりするのです。これなんて要するに、先生やホストファミリーが自分の発音や間違った文法に慣れてくれただけの話です。あるいは難しい話題は意識的に避けていた時期もありました。言いたいことはあるのに、あまりに語彙不足で話す前からあきらことなど何回あったかわからないほどです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
使える英語」を手にしよう!

松井博

中高大と10年も勉強するのになぜかいっこうに使えるようにならない日本人の英語。どうやって勉強すればいいの? アメリカでの子育て、保育園経営、アップル本社勤務、33歳からの妻の英語習得を通じて得た英語獲得をノウハウを惜しみなく公開します!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hal_31 私はわからないときはhmm..?と首を傾げる。それから教えてと頼むことにしてる。嫌な顔はされない。 4年以上前 replyretweetfavorite

y_yt 僕は初めから見栄がなかった学習重視派>松井博『(学習重視派)が変なこだわりや見栄を捨てて懸命にしゃべり出すと、急速に上手くなっていきます。すでに単語も文法もしっかり頭に入っていますから…割と難しいことがすぐにしゃれるようになる…』 https://t.co/HXv3eKPFa2 4年以上前 replyretweetfavorite

MetropolitanEVE お勉強も慣れもどっちも大切。 4年以上前 replyretweetfavorite

kimurar21 日本的”常識”では話に割り込んだり、分からないことを一々聞いたりすると、とても白い目で見られたり、馬鹿にされるんだよなあ。だから、上手くならないというのはあまりに正論。 4年以上前 replyretweetfavorite