棚から伝わる人間性

今回の林伸次さんのコラムは、「棚」のお話です。本棚にどのような本があるのかで、そのひとの趣味趣向だけでなく、どういう性格なのかがなんとなくわかるものです。林さんのお店・bar bossaにいらっしゃるお客さんは、それをお子さんの教育に使ってるとか? また、バーにある棚もまた、その店の「性格」を現していると林さんは言います。それは一体どういうことでしょうか。

親の本棚から子どもはなにを学ぶのか

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、僕が連載をしているInsight×Insideの近藤岳裕さんがカウンターでこんなことを仰いました。

「林さん、やっぱりリアル書籍のすごいところは、本棚に本を置いておくと、自分の子供が勝手に手にとって読んでくれる可能性があるっていうところだと思うんです」

確かにそうですよね。みなさんも親の本棚から「これ面白そうだな」と思って引き抜いてみて、ぱらぱらと読み始めたら止まらなくなって、その本を読破してしまったなんて経験あったのではないでしょうか。

そして近藤さんの娘さんはまだ小学校低学年だそうですが、みうらじゅんの『正しい保健体育』と『色即ぜねれいしょん』をわざと本棚に置いといて、いつか自然に手にとって読んで欲しいと思っています。そして、「男ってこういうものなんだよ」と知っておいてほしいそうです。

これもある種の「性教育」だと思うんですが、そういうのって親と子が顔をあわせて話し合うのは恥ずかしいですよね。でもやっぱり「ここのところだけは教えておきたいなあ。ネットとかで歪んだ性の意識を持ってほしくないなあ」と思う場合には「本棚にさりげなく置いておく」というのが有効なような気がします。みうらじゅんのマンガが歪んでいないかは別として。

ただ、子供って好奇心があるので、親の本棚に「ちょっとエッチな雰囲気のあるタイトルの本」があると手に取りそうです。近藤さんの娘さんがみうらじゅんの世界を知って、男性への理解が少しでも深くなれば、将来、素敵な恋愛を経験しそうです。

こういうのって確かに紙の本じゃなきゃできないですよね。娘がお父さんのPCをこっそり開けて、お父さんの「お気に入りのサイト」を勝手に見てくれるってまずありえないです。その前に「間違ったサイト」を開いてしまったら大事ですし。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

elderly_web_1 やっぱりリアル書籍のすごいところは、本棚に本を置いておくと、自分の子供が勝手に手にとって読んでくれる可能性があるっていうところだと思う 3年以上前 replyretweetfavorite

walk_idiot_walk "リアル書籍のすごいところは、本棚に本を置いておくと、自分の子供が勝手に手にとって読んでくれる可能性があるっていうところ" 3年以上前 replyretweetfavorite

midori_piyopiyo 「やっぱりリアル書籍のすごいところは、本棚に本を置いておくと、自分の子供が勝手に手にとって読んでくれる可能性があるっていうところだと思う」 【 】 3年以上前 replyretweetfavorite

chamcham ”やっぱりリアル書籍のすごいところは、本棚に本を置いておくと、自分の子供が勝手に手にとって読んでくれる可能性があるっていうところだと思うんです” 約4年前 replyretweetfavorite