新訳 世界恋愛詩集

いくつかの答え」クリスティーナ・ロセッティ

あなたにとって「重いもの」とは何ですか? 今でいう「引きこもり」の暮らしを生涯続け、その64年の人生をすべて詩作に捧げた19世紀イギリスの女流詩人、クリスティーナ・ロセッティ。彼女が残した「What are heavy?」が菅原さんの超訳により現代に甦ります。
詩人天気予報」などで話題の詩人・菅原敏さんが、古今東西の詩人の作品に新訳という名のオマージュを捧げる本連載。気鋭の現代美術家・久保田沙耶さんのアートワークとともにお楽しみください。


重いものは
海の砂と悲しみ


短いものは
今日と明日


はかないものは
花と若さ


深いものは
この海原と真実


あなたと出会い
わたしは知った




染まるものは
空と体


見えないものは
夜の虹と嘘


やさしいものは
春風と面影


続くものは
水平線と祈り


あなたと離れて
わたしは知った




「いくつかの答え」

クリスティーナ・ロセッティ(1830〜1894)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新訳 世界恋愛詩集

菅原敏 /久保田沙耶

あまたの恋を書き残してきた、かつての詩人たちに、新訳という名のオマージュを。『新訳 世界恋愛詩集』は気鋭の詩人、菅原敏による新連載。いにしえの恋愛詩の輪郭を、菅原敏のいまの言葉でなぞっていきます。古い詩集に絵の具を落とし、新たな色で輪...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kiq “「引きこもり」の暮らしを生涯続け、その64年の人生をすべて詩作に捧げた19世紀イギリスの女流詩人、クリスティーナ・ロセッティ” 1年以上前 replyretweetfavorite

sugawara_bin 重いものは海の砂と悲しみ 短いものは今日と明日 染まるものは空と体 見えないものは夜の虹と嘘 菅原敏/久保田沙耶| 約5年前 replyretweetfavorite

tamaki0217 なんかいい。詩人の言葉の感性ってすき。→ 約5年前 replyretweetfavorite

sugawara_bin 【重いものは何?】 What are heavy? Sea-sand and sorrow. 菅原敏/久保田沙耶| 約5年前 replyretweetfavorite