​吾妻ひでお、代謝、ベーシック・インカム

連休直前の「新・山形月報!」が取り上げるラインナップは、次の通りです。吾妻ひでお『ワンダー・AZUMA HIDEO・ランド』(復刊ドットコム)、アンドレアス・ワグナー『進化の謎を数学で解く』(文藝春秋)、グレゴリー・チャイティン『ダーウィンを数学で証明する』(早川書房)、原田泰『ベーシック・インカム』(中公新書)、野口旭『世界は危機を克服する』(東洋経済新報社)と若田部昌澄『ネオアベノミクスの論点』(PHP新書)などなど。コミックから経済書まで、気になるものをチェックしてみてください!

年度末がやっと終わった……という間もなく新年度で部署が異動になり、かなりバタバタが続いてはおります。そんな中、息抜きとして買ったのが『ワンダー・AZUMA HIDEO・ランド』(復刊ドットコム)。吾妻ひでおのマンガを買ったのは何年ぶりかな。大学以来だから、もう30年か(遠い目)。買った時は、単なるノスタルジーの対象でしかないだろうと思ってはいた。でも実際に手元に届いたのを読んで見ると、あまり古びていないのは驚きだった。

ワンダー・AZUMA HIDEO・ランド
ワンダー・AZUMA HIDEO・ランド

本書『ワンダー・AZUMA HIDEO・ランド』は、かつてきわめて入手困難な同人誌に収められたものとか、連載のボツになったのを集めたもので、作品の多くは1980年代に書かれている。描かれている内容の一部は元ネタを思い出すのに苦労するほどではあるけれど、でも全体のテーマや絵柄などは、あまり違和感がない。たとえば、いま和田慎二『スケバン刑事』とか『超少女明日香』あたりのマンガを読むと、いささか時代がかった感じはある。この本は、そういう感じがしないのだ。

それは特に描かれている女の子のスタイルとかファッションなどに感じられる。当時、女の子はロングスカートが流行で、うちの妹なんかも校則違反覚悟でスカートの折り返しを伸ばしたりしていたけれど、吾妻ひでおは当時から膝上ミニで徹底していた。またロリコン系の嗜好も、その後のトレンドをほぼ先取りしたものとなっている。その意味で、かつての吾妻ひでおはいまにして思えば先駆的だったのだな、というのが本書を読んで改めて感じたこと。

むろん、本書はやっぱりマニア向けの落ち穂拾いではあるので、吾妻ひでおを読んだことのない人にこれをいきなり薦めるわけにはいかない。何を薦めるのがいいのかなあ。『チョコレート・デリンジャー』(青林工藝舎)あたりかな。最近の本当に歪んだ妄想にまみれたお下劣なロリマンガに比べると、ずっとお上品なのでぬるいと思われるんだろうか。だけど、なんかチャンスがあれば、若い人の間でもっとリバイバルされてもよい存在じゃないかとは思う。

で、今月読んだ本で一番おもしろかったのは、アンドレアス・ワグナー『進化の謎を数学で解く』(文藝春秋)。しばらく前にグレゴリー・チャイティン『ダーウィンを数学で証明する』(早川書房)を読んだけれど、題名とはうらはらに、証明できているとは思えなかった。DNAがある種のプログラミング言語的なもので、そこからいろんな組み合わせが可能であり、というのはわかる。でも、ぼくがちゃんと読めていない部分もあるんだろうけれど、そこでの主張の基本は、DNAはある種の万能チューリングマシンとして解釈できるので、無限の時間と無限の組み合わせがあれば、いずれ何でもできます、というのにすぎないのでは? それでは進化論を証明したとはいえない気がして、いま一つ納得できなかったのだ。

進化の謎を数学で解く
進化の謎を数学で解く

この『進化の謎を数学で解く』は、そんな疑問点にきちんと応えてくれるものだ。カバーしている範囲は実に広範なので簡単にまとめきれないんだけれど、基本的な疑問としては、生物の生体維持のための各種複雑な相互依存が、偶然のみで生じているとは考えにくいということ。進化論への反論として、こんな複雑な生物が、偶然に起こる突然変異の積み重ねだけでできたとは考えられない、という主張がある。これに対して進化論の支持者は、それが十分に考えられることを示してきたんだが、でもやはり細かいレベルで見ると、単純にランダムな偶然だけで説明するにはつらい部分が多々ある。では、いったいどうやってそれが実現されたのか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mswar777 "DNAはある種の万能チューリングマシンとして解釈できるので、無限の時間と無限の組み合わせがあ…" https://t.co/DD0N2jFUbm 4年以上前 replyretweetfavorite

Aki_8ara とてもおもしろい著作紹介。吾妻ひでお先生の本と進化論の本を買おう。後半にはリフレ政策本についても紹介。  4年以上前 replyretweetfavorite

prisonerofroad 1件のコメント http://t.co/HhfbYeqrBh #山形月報 #book 4年以上前 replyretweetfavorite

prisonerofroad 1件のコメント http://t.co/HhfbYeqrBh #山形月報 #book 4年以上前 replyretweetfavorite